トップページ>その他>【実釣解説】夏はルアーでチヌを狙おう!チニングで釣果を上げるコツ

【実釣解説】夏はルアーでチヌを狙おう!チニングで釣果を上げるコツ

タグ: / / / / / / / / /
PR 2018年07月05日

チヌ(クロダイ)はエサ釣りで狙うイメージが強いが、実はルアーでも狙える魚。

今回は水面を狙うトップゲームから海底を狙うボトムゲームまで、チニングの基本と釣果をあげるコツを編集部が実釣しながら解説していく。

目次

  1. チニングの基本タックル
    1. ロッド
    2. リール
    3. ライン
    4. リーダー
  2. チニングで釣れる魚
    1. チヌ(クロダイ)
    2. キビレ(キチヌ)
  3. チヌのいるポイント
    1. 河口周辺を狙おう
    2. 河川にもチヌはいる
    3. 漁港のチヌは?
  4. トップチニングの釣り方
    1. トップチニングで使うルアー
    2. トップチニングのアクション
  5. ボトムチニングの釣り方
    1. 海底地形を把握する方法
    2. ボトムチニングで使うルアー
    3. ボトムチニングのアクション
  6. 総括・今回使用したタックル

チニングの基本タックル

ロッド


チニングはあらゆるルアーロッドで楽しめる。

おもに流用されるのがエギングロッドやバスロッド、メバリング用などのライトゲームロッドだ。

チニングで使用するルアーは重くても10gほど。

エギングロッド、バスロッドであればほぼすべてのルアーが使用できるが、ライトゲームロッドを使用する際は事前にルアーの負荷を確認しよう

本格的に楽しみたいアングラーには、各社よりチニング専用ロッドも発売されている。

チニング専用ロッドはエギングロッドとアジングロッドの中間のようなロッドであり、細かなルアー操作がしやすい上にスリリングなやりとりが楽しめる。

リール


リールはスピニングリールの2000~2500番を使用。

上記のロッドに合わせて使用しているものをそのまま流用できる。

ライン

ラインはPEラインの0.4~0.8号を使用。

魚の引っ張りで切れることはほぼないが、チニングは浅いポイントを狙うことが多いため根ずれに強い4本依りがおすすめだ。

リーダー


リーダーは6~12ポンドのフロロカーボンラインを使用。

チヌは警戒心が強いため細い方がアタリは出やすいものの、大型のシーバス等が掛かることもあるため細すぎるとラインブレイクのリスクが高まる。

フィールドにあった最適な太さを選ぶとよいだろう。

チニングで釣れる魚

チヌ(クロダイ)

チニングの対象魚となるのはこちらのチヌ(クロダイ)だ。

内湾や河口を中心に、外洋や沖の深場まで広く生息している。

中でも50cmを超える個体は「年無し」と呼ばれ、なかなか目にかかれないことから釣り師の憧れの的だ。

キビレ(キチヌ)

チニングをしていると、チヌに混ざって釣れることがあるのがこちらのキビレ(キチヌ)。

チヌとよく似ているが、ヒレが黄色いことと側線鱗数の違いで見分けられる

外洋にも生息するチヌに対し、キビレの方がより汽水域を好んで生息する傾向がある。

チヌのいるポイント

河口周辺を狙おう

チニングで狙うポイントは、おもに川の水が入り混じる河口周辺の汽水域。

このようなポイントはエビやカニなどの甲殻類や貝類が多く生息しており、チヌの格好のエサ場となっている。

河口には上げ潮に乗って海から入り込んでくるチヌが多いため、満潮前後の時間帯が狙い目だ。

河川にもチヌはいる

また活性の高い個体は河口のみならず、河川を遡上することもしばしば

潮の満ち引きの影響を受ける河川では、写真のような最下流の堰までがチヌのポイントとなる。

漁港のチヌは?

漁港で見るチヌは警戒心が強くエサにもなかなか口を使わないが、エサを求めて河口へ入ってくるチヌは活性が高くやる気のあるチヌが多い

チニングの対象となるのはそのような活性の高い個体となるため、ルアーへの反応がいいのだ。

トップチニングの釣り方

チヌは雑食性であり、動物性のエサから植物性のエサまでなんでも食べることで知られている。

中でも水温の高い夏場は魚食性が強く、浅場に入り込んだベイトフィッシュを好んで食べていることが多い。

トップチニングは、基本的に朝夕のマズメが狙い目となる。

チヌの活性がもっとも高まる時間帯であり、活発にエサを追い捕食しているチャンスタイムだ。

トップチニングで使うルアー


トップチニングでは、おもに40~70mmほどの小型のトップウォータープラグを使用する。

アピール力の高いポッパーと、飛距離が出せて細かいアクションが演出しやすいペンシルを準備しよう。

汽水域はプランクトンが豊富であるため、イワシやイナッコなどのベイトフィッシュが頻繁に入り込んでくる。

このようなベイトフィッシュを捕食しているチヌを、トップウォータールアーで狙うのがトップチニングだ。

トップチニングのアクション

スプラッシュ


ポッパーで基本となるルアーアクション。

ロッドを強く動かすことで水しぶきを立て、広範囲にアピールする。

水しぶきを上げて誘うことは活性の高いチヌに対して有効なアプローチであり、釣り場について第一投目に試したいアクションだ。

ロングジャーク


ロッドを上から下へ大きく動かし、水面に浮かぶルアーを潜らせるアクション。

水中にルアーを潜らせることで、警戒心の強いチヌに口を使わせる

チェイスはあるがバイトまでは至らないようなときに有効なので覚えておこう。

ドッグウォーク


ロッドティップを下向きにして小刻みに動かし、頭を左右に振りながら泳がせるアクション。

おもにペンシルで出しやすいアクションであり、弱った小魚の動きをリアルに演出できる

上記動画のように一瞬動きを止めて、食わせの間をおりまぜるのもよいだろう。

ボトムチニングの釣り方

チヌは魚から植物までなんでも食べる魚であるが、とくに好んでいるのがエビ、カニなどの甲殻類。

そのような海底に潜む生物を模したルアーで狙うのがボトムチニングだ。

トップチニングはおもに夏季シーズンの釣りとなるが、ボトムチニングは一年中楽しめる

時間も昼夜問わず狙えるため、思い立ったときに釣行できる手軽さも魅力だ。

ボトムチニングは地形の把握がキーに


ボトムチニングでは、チヌの着き場を的確に攻めることが最重要だ。

そのため海底地形を把握しチヌのいそうな場所を効率よく攻めることで、飛躍的に釣果が伸びると言ってもいい。

チヌに限らずであるが、地元のアングラーが安定した釣果を出すのは日頃通い詰めたことで魚の回遊パターンや付き場を把握しているからである。

本釣行で訪れた釣り場の中には、初めてエントリーするポイントが数カ所あった。

周辺でチヌが釣れているという情報があったものの、魚の着き場に関する明確な情報はまったく持っていない。

そこで今回は釣りをスタートする前に、「Deeper PRO+」使用して海底地形をチェックした。

Deeperに映った海底地形の情報を見ながら、変化のある場所を効率よく攻めていく。

手持ちのショアジギングロッドにDeeper本体をセットしキャスト。

専用のアプリをダウンロードし手持ちのスマートフォンと同期することで、自分のスマートフォン画面が魚群探知機に早変わりだ。

スマートフォンはDeeper専用のアタッチメントを使用すれば、このように簡単にロッドにセッティングできる。

ポイントは全体的にフラットな地形であるが、何投かしているうちに海底地形に変化を発見

上の写真の左部分、カケ上がりがあるのがわかるだろう。

Deeperで見つけた沖のカケ上がりを丁寧に攻めていると、ゴンっとヒット。

強烈なファイトにライトゲームロッドが絞り込まれる。

上がってきたのは良型のマゴチ。

本命のチヌではなかったものの、海底の変化がある場所にたしかに魚が居ついていた

Deeperがあれば初めての場所でもすぐに海底地形を把握できるため、チニングの攻略の幅が広がることは言うまでもないだろう

またあらかじめ地形を知ることで、根掛かりによるルアーロストのリスクが大幅に減少する。

今回の釣行では映らなかったが、魚群探知機であるため海底地形だけなく魚の群れも捉えてくれる。

ボトムチニングで使うルアー

今回はアルカジックジャパンが提唱するライトブリームゲームでボトムにいるチヌを狙う。

軽量リグでアプローチすることで、自然な動きを演出し警戒心の強いチヌに口を使わせられる上、根掛かりを大幅に減らせる。

ジグヘッドは同社のBM.シリーズを使用。

フックが常に上を向く形状で、岩場や牡蠣殻のある地形でも根掛かりを避けやすい。

起伏の少ない砂泥地ではBM.コンタクト、岩場や牡蠣殻など障害物が多い海底ではBM.キールBM.キューブといった具合で、釣り場に合わせてジグヘッドの形状を選ぶようにしよう。

ワームはアルカジックジャパンの「躍ハゼ」「舞シュリンプ」「扇クロー」を使用。

いずれもチヌの口に入りやすい程よいサイズで、細かい波動でチヌの興味を引く。

チヌのポイントにはクサフグも多く生息しているため、ワームの消耗は避けては通れない。

そういったボトムチニングにおいて、同社のワームは5本入りの実売価格300円代というリーズナブルな価格設定だ。

根掛かりしにくいBM.キューブ+躍ハゼで細かく海底を叩きながら攻めると、本命のチヌがヒットした。

ジグヘッドとワームはフィールドによって使い分けることで、それぞれの形状が誇る強みを最大限に発揮できる。

ボトムチニングには、ジグヘッド+ワームの他にも上のようなラバージグも有効だ。

ジグヘッドよりもアピール力が高いため、広範囲のチヌを引き寄せる。

またラバージグにワームをセットして使用することで、チヌがルアーを口にしている時間が長くなりフッキングしやすくなる場合もある。

ボトムチニングのアクション

ズル引き


ボトムチニングの基本アクションとなるのが、海底を這わせるように誘うズル引きだ。

おもに砂泥地で有効なアクションであり、海底を引きずる際に発生する砂煙も誘いとなる

テンポよく広範囲を探りたい場合は、ロッドを下向きにしてただ巻きするだけでもOKだ。

シェイキング

ロッドを小刻みに動かしルアーをシェイクするアクション。

激しく動かしアピールしたあと、食わせの間を与えることでチヌのバイトを誘う

ズル引きと組み合わせて誘うのも効果的だ。

ボトムパンピング


ロッドティップを細かく跳ね上げ、逃げるエビのような動きを演出するアクション。

海底に起伏があり根掛かりしやすいポイントでは、このアクションが基本となるので覚えておこう。

跳ね上げからのフォール中にアタリが出ることが多い。

総括

チニングと言うと一見難しそうにも思えるが、手持ちのタックルが流用できる上、ルアーの値段もお手頃でとても敷居が低い釣りだと言える。

またチヌは都市部にも多く生息しており、遠征せずとも近場で楽しめるターゲットでもある。

チニングに挑戦してみたい方や釣果に伸び悩んでいる方は、ぜひ本記事を参考にチヌを攻略してほしい。

使用アイテム

ディーパー「Deeper Pro+ ワイヤレススマートGPS魚群探知機」

アルカジックジャパン 「躍ハゼ」

アルカジックジャパン 「舞シュリンプ」

アルカジックジャパン 「扇クロー」

アルカジックジャパン 「BM.キール」

アルカジックジャパン 「BM.コンタクト」

アルカジックジャパン 「BM.キューブ」

スポンサー紹介

※ 50音順

アルカジックジャパン

The gear of a dream-「答えはフィールドにある」 自由な発想と、蓄積された経験を基に、新たなモノを生み出す。 アジ、メバルから始まった探求は近年、チヌやロックフィッシュへと広がり、それぞれの楽しさを構築しています。

公式サイトへ

ディーパー

株式会社Baltic Visionはディーパー魚群探知機(Deeper株式会社)の日本正規代理店です。Deeperは全く新しいコンセプトを持った、受賞歴多数、次世代の魚群探知機です。堤防の足元、磯、サーフ、沖堤、リバーなどキャストして水中を探ることが可能です。

公式サイトへ
タグ: / / / / / / / / /