ワームより釣れる!?ロックフィッシュにおすすめのメタルジグ4選

タグ: / / /
2018年06月09日

青物狙いでショアジギングをしていると、外道でハタやカサゴなどのロックフィッシュが釣れた経験がないだろうか。

ヒラヒラと落ちてくるメタルジグの動きは、巣穴でエサを待ち構えているロックフィッシュに対しても非常に有効なのである。

今回はロックフィッシュ狙いで実績が高かったメタルジグを紹介する。

ロックフィッシュにおすすめのメタルジグ

アングラーズリパブリック 「スローブラットキャスト ワイド

アングラーズリパブリックから発売されている、あらゆる魚に有効なショアスロー用メタルジグ。

ややテール寄りの後方重心設計によって、独自のフォール姿勢と圧倒的な飛距離を生み出している。

またこの設計は、ジグに対して鋭角にラインが入る時でも糸絡みを回避してくれる。

足元付近でヒットすることも多いロックフィッシュ狙いに重宝する設計だ。

メジャークラフト 「ジグパラスロー」

メジャークラフトから発売されている、ショアスロー用に設計されたメタルジグ。

高い基本性能に加えて、すぐに使える3フック仕様ながら非常にお求めやすい値段設定が魅力だ。

メインルアーとしても活躍するが、ロストしてしまった際の予備ルアーとしても重宝する。

筆者もロックフィッシュ狙いの際は必ず持っていくルアーだ。

クレイジーオーシャン 「オーシャンフラッシュ」

クレイジーオーシャンから発売されている、フラッシングによるアピールが格別に強いメタルジグ。

ロックフィッシュをはじめとする様々な魚がただ巻きで食ってくることで知られている。

本来はオフショア用であるが、フラッシングによるアピール力の高さはショアでも有効だ。

筆者は過去に本ルアーで地磯から40cm越えのクエを釣った実績を持つ。

ブリーデン「メタルマル」

ブリーデンから発売されている、魚種限定解除がコンセプトのエギ型メタルジグ。

リアにブレードが搭載されており、フォールだけでなくただ巻きでもアピールできる。

上記のショアスロー系メタルジグで反応がない場合は、海底を沿うように引ける本ルアーがおすすめだ。

20186月より、根掛かり回避性能を高めたシングルフックモデルも発売されている。

ジグでロックフィッシュを攻略しよう

メタルジグによるロックフィッシュゲームは、ワームとは違った楽しさがある。

ワームでは探れない遠くのポイントもらくらく攻められるのも嬉しい。

特に小魚を食べている時はワームよりジグの方が食いが良くなることもあるので、これらのジグをタックルボックスに忍ばせておくことをお勧めしたい。

関連記事

シーズン開幕間近!ショアから狙えるハードロックフィッシュの人気種を紹介

ロックフィッシュゲームにおけるスピニング、ベイトタックルの使い分け方に迫る

【連載】魚の捕食動画シリーズ!第6回 ロックフィッシュ編

[ロックリンクさんからの寄稿] 真夏のロックフィッシュは深場に集まる!?厳しい暑さの中でもデイゲームで連発する狙い方を紹介

通年狙える高級魚!初心者のためのロックフィッシュゲームの始め方徹底解説

タグ: