水面炸裂を楽しもう!トップチニングにおすすめのポッパー5選

タグ: / / / / / / / / /
2018年06月05日

近年、夏のルアーフィッシングのターゲットとして人気が沸騰しつつあるチヌ(クロダイ)。

中でもポッパーを使って水面へ誘い出すトップチニングは、一度味わうと病みつきになる楽しさだ。

今回は、そんなトップチニングでおすすめしたいポッパーを紹介していこう。

トップチニングにオススメのポッパー

ジャクソン 「R.A.ポップ」

トップチニング発祥の地、静岡県浜名湖で生まれたチニング専用ポッパー。

チヌが好むポップ音をはじめ、徹底的にチヌを研究し尽くした上で開発されている。

チニング用ポッパーの代名詞と言ってもいいルアーだ。

ダイワ 「シルバーウルフ チニングスカウター 60F」

ポッパーとペンシルの良いところを兼ね備えたチニング用ルアー。

後方に重心を持つマウス形状で、小型ながら圧倒的な飛距離を出せるのも特長的だ。

波風が強い時はフックサイズを1ランク上げることで、より安定した水中姿勢を保てるのでぜひ試してみてほしい。

デュエル「シルバーポップ 60」

基本性能の高さが評判のソルト用ポッパー。

泡を絡めた誘いを得意とし、やや波風がある状況でその真価を発揮する。

実売価格が¥1,000以下というリーズナブルさも魅力であり、チニングデビューにもってこいのルアーだ。

マリア 「ポッククイーン50」

ソルト用ポッパーの元祖であり、今もなお現役であり続ける往年の名作。

50mmという小さなサイズは、チェイスはあるけどバイトに至らないような難しいシーンでは特に重宝することだろう。

タックルボックスに忍ばせておいて損はないルアーのひとつだ。

ジップベイツ「ザブラポッパー」

飛距離、操作性ともに高い性能を誇るソルト用ポッパー。

リアフックを背中側に搭載した独特の設計によって、フッキング能力やバレにくさ、ライン絡みの回避を実現している。

エキスパートの愛用者が多いことでも有名な、信頼のおけるルアーだ。

トップチニングを楽しもう

チヌは頭のいい魚として知られているため、釣るのが難しいと思うかもしれない。

しかし夏は活性が高く、水面を泳ぐルアーへの反応も上々だ。

本記事を参考に、パートナーとなるルアーを選んでトップチニングを楽しんでほしい。

関連記事

手持ちのロッドで楽しめる!チニングに代用できるロッドの特徴を解説

似ているけどここが違う!クロダイとキチヌを見分ける3つのポイント

タグ: