釣り竿が傘に究極進化!?ダイワのロッド技術を応用したカーボンテクノロジー折り畳み傘が登場

タグ: / /
2018年05月26日

グローブライド株式会社(ダイワ)が手がけるファッションレーベルD-VEC (ディーベック)から、折り畳み傘「カーボンテクノロジー ポータブルアンブレラ 50cm」が発売された。

釣り人に馴染み深いフィッシングロッドのカーボンテクノロジーを応用して開発された折り畳み傘だ。

「カーボンテクノロジー ポータブルアンブレラ 50cm」の特徴

本製品は、ダイワがロッドにて培ったカーボンテクノロジーを日常生活で活用する傘に応用して完成した折り畳み傘だ。

雨はもちろんのこと、90%超の紫外線遮蔽率を誇るため、日傘としても使用できる。

とにかく軽い

50㎝サイズの重さは76gという驚愕の軽さで、6本骨の折り畳み傘の中では最軽量クラスだ。

中棒(シャフト)に金具を使うことなく、カーボンのみで作った恩恵ともいえるだろう。

ロッドも軽ければ軽いほど感度が上がるため、日々軽量化に挑み続けているダイワの技術力を感じさせてくれる。

とにかくタフ

100gの重量より軽い折り畳み傘の親骨は5本骨のものがほどんどだ。しかしながら、本製品の親骨本数は一般的な傘よりも多く作られている。

50㎝サイズは6本骨、60cmサイズはさらにタフな7本骨仕様というから驚きだ。

そのほか、ダイワのロッドらしい優れた弾性も応用されていることから、折れづらい傘だといえるだろう。

妥協のない傘を使おう

0.01gの積み重ねで軽量化と耐久性の追求を繰り返し、完成までに3年の歳月を要したという。

妥協のない製品を作り続けているダイワだからこそできた傘といえるだろう。

気になる方は以下のサイトをチェックしてみてほしい。

「カーボンテクノロジー ポータブルアンブレラ 」の詳細はこちら

D-VEC(ディーベック)

関連記事

ダイワから半袖レイン「レインマックス® ポケッタブル ショートスリーブ レインジャケット」が登場!蒸し暑い日の雨でも快適な釣りが可能に

【完全保存版】ダイワスピニングリールの新シリーズ「LTコンセプト」の番手の読み方まとめ

ドラグの主な役割とは?ダイワのスピニングリールにおけるドラグシステムとは

ダイワ「18 イグジスト」の取材動画をツリホウチャンネルで公開!60年の技術を結集したフラッグシップモデルがリニューアル

タグ: