【CCBさんからの寄稿】春のバスと水温、月齢の関係を用語を使って徹底解説!

タグ: /
2018年05月26日 (最終更新日:2018年12月13日)

4月21日、春も中盤。皆さん釣りに行かれてますか?

おいらは、中々行けずフラストレーションが、溜まっております(^◇^;)

今回は、春の釣りについて書いていこうと思います。

春のバスとは、産卵がらみの魚が多いいです。

これは、バス釣りしている方は、ご存知だと思いますが、少しだけ説明をしていきます。

産卵前の事を「プリスポーン」

□産卵を控え、体力をつけるために餌を活発に捕食していく時期です。

基準は、水温です。皆さんは、水温計を常備してますか?これが有ると無いとでは、釣果に大きな差が出てきますよw

バスは、水温が安定し出して、15℃をキープしだすと、産卵が始まると考えてください!

この時期が、1番デカバスに会えるチャンスなので、皆さんも水温計をバックに入れて釣りをして見てくださいね!

産卵の事を「スポーニング」

□産卵は、いつ行われるか知っていますか?それは、月が関係してきます。

一番の狙い目は満月です!海で言うところの潮を基準に考えるといいでしょう。

オオカミも満月には遠吠えをするし、ウミガメも満月に産卵をします。

ここで、少し月の話しをしておきます!

月には、月齢があるのを知っていますか?おいらのブログには、書いてあるのですが、ここでは、大まかに。

新月[リセットや再生、スタート]

□月が太陽とかぶり、月が見えない状態です。

新月は不純物を取り除く機能が高まり、新しいものを取り入れやすい時期と言われております。

ここから、バスのベッド作りが始まるのかなぁ?

上弦の月[目的の為に力を溜め込む時期]

□新月から満月へと向かう途中の状態で、右側の半月の状態のことです。

バスは、大きな目的の為に、力を溜め込むでしょう!(メス)

この時は、腹がパンパンのバスが釣れるかもw

満月[もっとも力が発揮する時期]

□バスがもっとも力を必要とする産卵のタイミングです。

力も集まりやすく、放出したい時期でもあります。

【ちょこっと豆知識】

満月の時は、交通事故が多いいデータが出てます。

血気盛んになり、衝動的になったり、視野が狭くなるそうです。(人間)

下弦の月[テンションダウン]

□満月から新月へと向かっているタイミングです。向かって左側が半月の状態。

上弦の月とは違い、行動が落ち着いてくる時期です。

バス釣りをするなら、少しスローな展開から始めてみるのも手かもしれないですねd(^_^o)

因みにこれは、人間にも言えることらしいので、皆さんも月の満ち欠けによって自分の行動を振り返ってみるのも面白いかもしれません。

[ほんの諸説なので、確証があるものではありません。悪しからず]

(*´-ω・)ン?

話が逸れましたね…無駄話をしてしまい申し訳無いですw

産卵後の事をメスの場合「アフタースポーン」

□アフターの魚は、お腹ペコペコ状態!でも、盛んに追いかけ回す体力もないので、手頃に捕食できる餌を食べているみたい。

スローな展開を心がけるといいかもw

産卵後の事をオスの場合「ネスト」

□ネストとは、バスの営みが行われたベッドをオスは守ります。

そこには、卵があるから!外敵から守ったり、新鮮な水を送り込んだりと大変です。

見つけても、狙ったりしないようにしてあげてください(>人<;)

バス釣りの未来がそこにはあると、おいらは考えてしまいます。

って事で、おいらはアフターの魚を求めて、釣りをして来ました。

スローに狙えて、魚を追い込みやすい場所をレイドのダッジで、巻き巻きしていると

水面炸裂!

久しぶりのバスに興奮しましたw

皆さんも、月の事、水温の事、いろいろ考えながら釣りをするのも楽しいですよd(^_^o)

それでは、また!

今回のタックルセッティング

ロッド / メジャークラフト「BIC-68BB」

リール / ダイワ「タトゥーラHDカスタム153」

この記事を書いた人

CCB

CCB

岡山県の自称"釣りバカおじさん"。バスからフカセまで、幅広い釣りに精通。トーナメントにも参加する本格派アングラー。
タグ: