強力な結束を求める方へ!PEラインとリーダーを結ぶ「ミッドノット」の結び方

タグ: / / /
2018年05月24日 (最終更新日:2018年06月18日)

出典:(7) VARIVAS TV 「ミッドノット」 – YouTube

ショアジギングやオフショア、ヒラスズキ、シーバスアングラーの中で、多くの愛用者を持つノットが「ミッドノット」だ。

慣れるとFGノットほどの作業時間で完成し、結束強度も申し分ないので、強い結束を望むアングラーはぜひ一度試してみてほしい。

「ミッドノット」の結び方

  1. PEラインをリーダーに20回ほど巻きつける
  2. 巻きつけた上に折り返して20回巻きつける
  3. ハーフヒッチで止め、摩擦部を濡らし締め込む
  4. PEの本線と端糸をハーフヒッチで8回ほど結ぶ
  5. 余分なラインをカットして完成

「ミッドノット」は結びコブがないのでガイド通りが良く、キャスティングゲームにも最適なノットだ。

リーダーを長く取るロングリーダースタイルでもトラブルレスなノットながら、結束強度も約90%と強力なので、大物狙いの方には特におすすめしたい。

器具を使う方法も

出典:| Hapyson

ハピソンが発売している「ラインツイスター」を使うことで、結束強度が安定した「ミッドノット」を組める。

筆者も長く愛用しており、手のみで組むよりもスピーディーに、かつ強力に結束できるので手放せないアイテムだ。

本製品を使うことで、より段差の少ない結束部となるので、PEラインとスペーサーラインの結束に悩むアングラーにもおすすめしたい。

予備のスプールがあるとカンペキ

ガイド通りもスムーズで強力な「ミッドノット」だが、釣りには根掛りや根づれなどのライントラブルが付き物だ。

予備のスプールを準備し事前にノットを組んでおけば、ラインブレイク後も1分ほどで釣りを再開できる。

自分に合った結束方法を見つけ、さらに釣りを楽しんでほしい。

関連記事

大型青物の攻略シリーズ!ショアジギングにおける根ズレ対策まとめ

強度重視ならこれ! 「FGノット」でPEラインとショックリーダーを結束しよう

かんたんに結べて強度も強い! PEラインとリーダーを結ぶ「GTノット」の結び方

強度と手軽さのバランス良し! 「ノーネームノット」でPEラインとショックリーダーを結束しよう

 

 

 

 

タグ: