ワニが目撃されたニュースの続報!河川敷のワニはまさかの…

タグ: /
2018年05月20日

出典:博多の御笠川:ワニはおもちゃか 一時騒然 – 毎日新聞

福岡市博多区にある御笠川で、ワニの目撃情報が複数寄せられ話題になったが、そのワニはオモチャだったかもしれないと毎日新聞が報じている。

オモチャ自体は発見されていないのにもかかわらず、このような最新情報が報じられているワケを紹介しよう。

ワニはオモチャだった可能性も

「川底でビニール製のワニを見つけ、河川敷に置いてきた」と30代男性が18日に同署に連絡してきた。その場で撮ったという写真にはおもちゃのワニの姿が。
一時は警察官が十数人でワニの行方を追う事態となり、男性は「早く伝えようと思った」。

出典:博多の御笠川:ワニはおもちゃか 一時騒然 – 毎日新聞

30代の男性が福岡県警博多署へ画像付きの情報提供をしたのがこの報道の核心のようだ。

男性が通報したオモチャはまだ見つかっていないにもかかわらず、博多署がこの発表をしたのには少し疑問が残る。

写真を比較してみる

出典:(7) 博多区の川でワニ騒動 目撃現場付近で捜索続く 「子供に何かあったら心配」 福岡県 (18/05/18 12:10) – YouTube

上の写真は最初の目撃情報を寄せた方が撮ったであろうワニ。

しっぽの形に注目してほしい。根元付近から少し左に曲がっているものの、基本は真っ直ぐ伸びているように見える。

出典:博多の御笠川:ワニはおもちゃか 一時騒然 – 毎日新聞

一方、上の写真は30代の男性が発見したオモチャのワニ。

オモチャのワニのしっぽも根元付近が左に曲がっており、先端は右にカールしている。

最初の目撃情報時の写真と比較してみると、しっぽの根元付近の曲がりが特に似ている気がしなくもない。

しかしながら、まだオモチャが発見されていないので真偽は不明だ。

引き続き注意しよう

この報道は今だ可能性の範囲内であり、確定情報ではないので、周辺の方やアングラーは引き続き注意をしてほしい。

もし発見したりフッキングしたりした場合は、無理に捕まえようとせず警察に届けて対処してもらおう。

新釣法「ワニング」が流行るかも!?都市型河川に新しい釣りジャンル追加の可能性

関連記事

採った貝が持ち帰れない!?大阪湾や瀬戸内海に生息する二枚貝から強い貝毒を検出

釣行時の遭遇に注意!「スズメバチ」による被害を防ぐ方法と刺されたときの応急処置

海での事件・事故はどうする?海上でのSOS「緊急通報用電話番号 118番」を解説

カツオやカジキの赤身に注意!じんましんやおう吐を引き起こす「ヒスタミン中毒」とは?

【閲覧注意】正しい知識を身につけよう!海の魚によく見る無害な寄生虫をまとめてみた

地獄の苦しみ!釣った魚に潜む寄生虫「アニサキス」の恐怖とその対策法まとめ

タグ: