トップページ>その他>新釣法「ワニング」が流行るかも!?都市型河川に新しい釣りジャンル追加の可能性

新釣法「ワニング」が流行るかも!?都市型河川に新しい釣りジャンル追加の可能性

タグ: / /

アクセス 2018年05月18日

出典:(7) 博多区の川でワニ騒動 目撃現場付近で捜索続く 「子供に何かあったら心配」 福岡県 (18/05/18 12:10) – YouTube

新釣法「ワニング」が流行るというのは冗談だが、福岡市博多区にある御笠川で、ワニの目撃情報が複数寄せられた、とテレビ西日本が報じている。

恐らく心無い人間が逃したのだろう。県警の捜査員が河川敷付近を中心にワニの捜索にあたっているという。

※追加の最新情報があるので、下部の続報記事もチェックしてみてほしい

シーバスのメジャースポットにワニが出現!?

福岡市博多区にある、御笠川でワニが目撃され話題になっている。

警察によりますと、16日午後7時ごろ、福岡市博多区の御笠川の河川敷で通行人がワニのような生き物を目撃して保健所に通報しました。
また、12日・土曜日にも近くの住人が、川の石の間にいるワニのような緑色の生き物を発見し撮影していました。
ワニのような生き物は体長50センチほどと見られていて、けが人の情報などは入っていません。

出典:博多区の川でワニ騒動 目撃現場付近で捜索続く 「子供に何かあったら心配」 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本

御笠川とは福岡のリバーシーバス釣りのメジャースポットで、博多駅のすぐそばを通る二級河川だ。

夜になるとナイトシーバス釣りが盛んであるため、アングラーに危害が加わる可能性も十分にありうるだろう。

もし発見したりフッキングしたりした場合は、無理に捕まえようとせず警察に届けるようにしてほしい。

ワニが目撃されたニュースの続報!河川敷のワニはまさかの…

ワニ以外の危険生物にも注意しよう

今回のワニ騒動の真偽はまだ不明だが、複数人からの通報ということもあり信憑性が高い情報だ。

さすがに今回のニュースが無ければ「ワニがいるから気をつけよう」とはならないが、河川にはワニ以外にも危険生物が多く潜んでいる。

河川を狙うアングラーは、その他の危険生物にも注意して釣りを楽しむようにしてほしい。

身近に生息する毒を持った生物たち!第一回 エイの毒とは

どの棘が危険? オニカサゴに刺された際の応急処置と捌き方まとめ

知らないと危険! 日本でよく釣れる毒魚とその対策法まとめ

水辺での緊急事態のために!水難事故の対処手順と、救助に使えるロープワーク

投稿ナビゲーション

タグ: / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

カテゴリ

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト