トップページ>アジング・メバリング>【スズシゲさんからの寄稿】10人中1人だけ釣れる状況…。導き出した正解は極小ワームのとあるテクニック

【スズシゲさんからの寄稿】10人中1人だけ釣れる状況…。導き出した正解は極小ワームのとあるテクニック

タグ: /
スズシゲさんの寄稿
2018年05月17日 (最終更新日:2018年12月13日)

キャストコースを変え、堤防際を探るとこんなゲストも。

キーホルダーサイズのタケノコメバル。

カウント5はレンジが上だったようで、反転食いの下顎フッキングでした。

その後、2回連続でサバがかかるもフッキングが甘くバラシ

エステルラインでも躊躇せずあわせてあげたほうがよかったかもです。

まで、小一時間。

もっと粘れば回遊もあったかもですが、春を感じられたので納竿としました。

春の陽気に誘われて、釣り人もフィールドに増えてきました。

キャストする際は周りに注意して、安全な釣りを楽しみましょうね。

お互い趣味を楽しみに来て、嫌な思いをするのもつまらないので…。

以上、「満喫!ライトゲームで多種目釣り!」でした!

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

釣りとグルメと観光の情報ブログ、「淡路島ライフ」もよければチェックしてください!

今回のタックルセッティング

ロッド / シマノ「ソアレBB アジング S610LS」

リール / シマノ「ナスキーC2000S」

ワーム / ジャッカル「アミアミ 1.5インチ クリアーグロークラッシュ」

この記事を書いた人

スズシゲ

スズシゲ

淡路島特化型アングラー。ブログ「淡路島ライフ」を運営。釣り情報だけでなく、観光情報からグルメ情報まで鋭意発信中。
タグ: