トップページ>エサ釣り>水揚げ前は100kg超え!?築地市場に超巨大なカンパチが入荷

水揚げ前は100kg超え!?築地市場に超巨大なカンパチが入荷

タグ: / / /
アクセス 2018年05月09日

出典:77キロの巨大カンパチ入荷=「見たことない」と卸-築地市場:時事ドットコム

5月8日の朝、築地市場に77kgのカンパチが入荷したと時事通信社が報じている。

77kgといえばマグロ並みの大きさであり、成人男性(日本)の平均体重よりも重いカンパチということだ。

水揚げ前は100kg超えだった!?

同市場の天然物は2~3キロが主流で、大型でもせいぜい20~30キロ。この日入荷した高知産は、内臓などが取り除かれており、「水揚げ時は100キロくらいあったのではないか」(築地卸)とみられている。

出典:77キロの巨大カンパチ入荷=「見たことない」と卸-築地市場:時事ドットコム

この超大型カンパチは、高知県から入荷した天然魚で、うま味を増すため解体後冷蔵庫で2日ほど熟成させて料理店などに販売される予定とのこと。

カンパチは大型になると全身の色が赤みがかってくる。その赤い姿は「幻のアカバナ」とも呼ばれ、アングラーの憧れの的にもなっている。

おそらくこのカンパチも「アカバナ中のアカバナ」であったことだろう。

カンパチとは

写真提供:タニヤン 様

上の写真のカンパチが赤紫色になっているのがかわるだろうか。この姿こそが「幻のアカバナ」だ。

カンパチは最大で2m、体重は100kgを超えるといわれ、大型化すると色などの容姿が変化し「幻のアカバナ」との名前で呼ばれる。

「幻のアカバナ」は縁起が良い象徴として珍重する地方もあるほどだ。

カンパチ (間八・勘八) – 魚図鑑 – 釣りの総合情報サイト「ツリホウ(釣報)」

生粋のフィッシュイーター

写真提供:山本 和久 様

カンパチは青物御三家(ブリ、ヒラマサ、カンパチ)の中の1種であり、魚類やイカ類、甲殻類などを捕食するフィッシュイーターだ。

強烈な引き味で有名なヒラマサよりも、さらに強い引き味を持つ青物としても有名で、足元まで寄せても再びスタート地点まで走られることすらある。

温暖な気候を好むためブリのように低水温に強くなく、水温が約13度以下になると死亡してしまう。

普段は群れで行動しており、泳いでいる途中に1匹が止まると群れ自体も止まる習性を持つため、1匹釣れると次の1匹が釣れやすい傾向にある。

[スズシゲさんからの寄稿] 経験とデータを活かして釣果につなげる!青物回遊のタイミングを予測するコツについて紹介

カンパチを狙ってみよう

温暖な気候を好むため、どの地方でも釣れる魚ではないが、暖流のあたる地域の夏に釣れる可能性が高い。

なかなか味わえない強烈な引き味なので、今年の夏はカンパチを狙ってみてはいかがだろうか。

関連記事

[スズシゲさんからの寄稿] 通い続けたからこそわかる!これまでの釣果から見えてきた青物の回遊ルートと釣れるパターンについて紹介

[マサさんからの寄稿] #10:激暑の中のショアキャスティングでカンパチをゲット!

ブリ、ヒラマサ、カンパチ攻略に! おすすめの青物用ミノー5選

陸から青物!「ショアプラッギング」のやり方徹底解説

メタルジグで大物ゲット!ショアジギング徹底解説

タグ: / / /