ヒラメやコチだけじゃない!サーフからルアーで釣れる意外な釣魚3選

タグ: / / /
2018年05月11日

サーフでのルアー釣りといえばフラットフィッシュを真っ先に思い浮かべるが、実は他にもさまざまな魚を狙うことができる。

今回は、あまりサーフに生息しているイメージはないものの、ルアーで狙って釣る事ができる釣魚を紹介していこう。

サーフで狙える意外な魚

メバル

根魚のイメージが強いメバルだが、近くに磯場があったりゴロタが混じるサーフは格好の棲家となる。

サーフで釣れるメバルは比較的型が良い個体が多く、メバルを求めてサーフに通いつめるエキスパートアングラーも存在するほどだ。

堤防での釣り同様、暗くなってからがメインとなるので、明るい内に地形を下見しておく必要がある。

夜のサーフは危険がともなうので、安全対策は十分に取るようにしよう。また、初心者は経験者に同行してもらおう。

これを読めば初心者も釣れる! メバルの釣り方まとめ

ヒラスズキ

ヒラスズキといえば荒れた日の磯で狙うイメージが強いが、外海であればサーフにも生息していることが多い。

通称砂ヒラと呼ばれ、サーフでも狙って釣ることができるパターンが全国各所に存在するのだ。

磯での釣り同様、海が荒れている日が狙い目となるので安全対策には十分注意して狙おう。

夏は特に危険がいっぱい!サーフでの釣りの危険性と必要装備、マナーまとめ

アオリイカ

アオリイカを狙うエギングといえば堤防や磯が舞台となることが多いが、サーフでも狙う事ができる。

サーフエギングはライバルが少ないため、イカの居場所を見つければ釣果を独占できる可能性が高い。

サーフ専用のエギも発売されているので、気になる方はチェックしてみてほしい。

ライバル不在で釣果独占!? サーフに潜むアオリイカの狙い方とおすすめのエギ3選

サーフには幅広い対象魚が

サーフでは定番のフラットフィッシュを狙うのもいいが、条件が整えばさまざまな魚を狙うことができる。

これらの魚種は普段サーフで釣れるイメージがないため、いずれもライバルが少ないのも魅力だ。

本記事を読んで興味を持ったアングラーは、いつもとちょっと違った視点でサーフでの釣りを楽しんでみてはいかがだろうか。

関連記事

【スズシゲさんからの寄稿】不自然な姿勢にはヒットしない!サーフエギングで意識したい潮流とエギの向き

快適性だけでなく安全性も上がる!ハイエンドなウェーダーのメリットとは

[スズシゲさんからの寄稿] 荒れたサーフで大遠投!メタルジグにヒットした珍しいヒラスズキ

【連載】魚の捕食動画シリーズ!第2回 マルスズキ、ヒラスズキ

タグ: