【後編】バラシの回数が激的に減る!キャスト前に注意すべき事項

タグ:
2018年06月21日

前回に引き続き、今回もキャスト前にチェックしておきたい注意事項を紹介する。

この記事で紹介することを念頭に置いて実践することで、注意不足によるトラブルや取り込み直前のバラシが激減するはずだ。

バラシを減らそう!キャスト前の注意事項

かけた後のランディング場所の確保

ランディング直前までは持ち込んだけれど、ランディング場所に迷ってしまいバラしてしまったという経験のある方は少なくないだろう。

とくに磯ではタモを使えないことも多々あるため、事前のチェックが重要になってくる。

むやみにキャストを繰り返すのではなく、掛けた後のことまで考えられるとアングラーとして一段レベルアップできるはずだ。

魚を掛けた際にはどこでランディングするのか、事前にしっかりとイメージしておこう。

リールにラインはちゃんと巻かれているか、フワッとしてないか

ライントラブルの主な原因は、スプールにきちんとラインが巻かれていない状態でキャストをしてしまうことだ。

とkに夜間の釣りの際には手元が確認しづらいため、こういったトラブルが頻発してしまう。

キャスト前にはスプール周りをきちんと確認して、不具合がないかを確かめることで不用意なライントラブルを防げるだろう。

スナップは開いていないか

意外と多いミスが、ルアーを交換した際にスナップがきちんと閉まっておらず、キャスト時にルアーが飛んでいってしまうことだ。

これも夜間に釣りをする際、あるいは慌ててルアー交換を行った際に起こりやすい。

焦る気持ちも分かるが、そういったときこそ落ち着いて交換し、しっかりとスナップが閉じているかどうかを逐一確認するようにしよう。

必ず、潮の流れと風向きを考慮しよう

釣行において釣り場の選定と同様に大切なのが、釣り場での立ち位置だ。

海釣りであれば、風向きや潮の流れの方向を意識して立ち位置を選定する必要がある。

風向きに関しては立ち位置からのキャスト方向で変わるので、可能な限り追い風になるような立ち位置を選定しよう。

潮の流れに関しても、左右どちらから潮が効いているのかを掴み、潮上のほうにキャストして攻めるのが基本となる。

細心の注意を払うことが釣果アップのコツ

ひとつひとつは小さなことかもしれないが、これらを滞りなくチェックできることが、最終的な釣果アップにつながるはずだ。

一段上のアングラーになりたい人は、ぜひ今回紹介したことを実践してみてほしい。

【前編】知っておくと釣果が上がる…!?キャスト前に注意すべき事項

タグ: