テーマ別

トップページ>その他>高価なルアーを失くさないために! 「根掛かり対策法」まとめ

fishing-808346_1920

31430アクセス 2015年08月23日

高価なルアーを失くさないために! 「根掛かり対策法」まとめ

タグ: /

fishing-808346_1920

多くのルアーフィッシングを行う釣り人にとって、避けたいのがルアーのロスト。財布に響くだけでなく、釣り場の環境悪化にもつながるため、個人の問題ではなく釣り場全体の問題にもなる。

ルアーロストによって貴重なお金を無駄にしないためにも、釣り場の環境悪化を防ぐためにも、根掛かりの確率を軽減させる方法を覚えておこう。

ルアーをロストしないための「根掛かり対策法」

ダブルフックにする

多くのルアーに装備されているのは針が3つあるトリプルフックだが、これを針が2つのダブルフックにするだけでもかなり根掛かりの可能性は下がる。

ルアーの泳ぎの変化が心配な人は、下側のフック(ボトム側のフック)の先端を切り落とすか、ペンチでカエシを潰してバーブレスにすると泳ぎの変化なく根掛かりの可能性を下げることができる。

ボトムの状況を知っておく

よく知っているポイントなら水中にどんな起伏があり、どんな障害物が隠れているかわかるが、初めてのポイントなどは未体験のためわかりにくい。

最初に錘だけをキャストし、ボトムの状況を掴んでおくだけでも根掛かりしそうな起伏や障害物を避けることができる。(あまり錘ばかり投げていると魚がスレる可能性があるためやりすぎは禁物)

ロッドを立てて巻く

ルアーが繋がっているラインの角度によっても根掛かりのしやすさが変わる。なるべく障害物を避けやすいロッドを立てた状態でリールを巻いてルアーをアクションさせると、ラインの角度が上がり根掛かりしにくくなる。

【次ページ:根掛かりの外し方】

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト