手持ちの竿で楽しめる!ルアーロッドで投釣りをする際の3つの注意点

タグ: / / / /
2018年05月07日

ルアー釣りは一般にエサ釣りよりも釣果を出すのが難しいと言われている。

特にルアーを始めたてのアングラーは、とにかく魚の姿が見たいと思う瞬間があるのではないだろうか。

シーバスロッドやエギングロッドといったルアーロッドは非常に感度が良く、投釣りでも高いパフォーマンスを発揮する。

今回は、そんな手持ちのルアーロッドを投げ釣りで流用する際の注意点を紹介しよう。

投釣りで使用する際の注意点

オモリは何号までいけるのか確認

ルアーロッドに記載されている重さの表記がグラムが多く、エギングロッドではエギの号数が多いが、エサ釣りのオモリの号数とは重さが違うため注意が必要だ。

エサ釣りで使われるオモリの場合は1号が約3.75gであるため、3.5号のエギに近い重さとなるのは5~6号となる。

例えば、エギの3.5号まで使用できるエギングロッドで投釣りをする場合、竿に負担をかけずキャストするためには、6号以下のオモリを使用すると安心だ。

ラインの痛みに注意

投釣りは海底付近を引きずる釣りであるため、根ズレのリスクが高く、ラインがダメージを受けていることが多い。

投釣りが終わった後にルアー釣りで使用する際は、PEラインの先を1mほどカットしてから使用するようにしよう。

念入りに水洗いを

ちょい投げ釣りではルアー釣り以上に道具が汚れやすく、リールにゴミが入りやすい。

そのため、投釣りでの使用後はいつも以上に念入りに水洗いをするよう心がけよう。

ルアーロッドで投釣りをしてみよう

ルアーのタックルを使用するのは抵抗があるかもしれないが、上で解説したことに注意すれば問題なく投釣りを楽しめる。

特に子供連れの釣行などでは、投釣りの仕掛けとエサを用意するだけで退屈させずに済むだろう。

とにかく魚をキャッチしたいアングラーは、本記事を参考に、ぜひ自身のルアーロッドを流用して投釣りに挑戦してみてほしい。

関連記事

初心者でも釣れる! 投げ釣りで狙えるキスの釣り方を徹底解説

[CCBさんからの寄稿] 始めたばかりのファミリーにレクチャー!ちょい投げ釣りのコツをお教えします

堤防や漁港で気軽に楽しめる「ちょい投げ釣り」の始め方

【釣行レポート】ケミホタルで大爆釣!都市部で狙える絶品アナゴ釣行

タグ: