都市部でお手軽エギングへ行こう!内湾で釣れるシリヤケイカの狙い方を解説

タグ: / /
2018年05月04日 (最終更新日:2018年10月08日)

エギングで好釣果を得るためには遠征が必要で、かつ敷居が高い釣りとの印象をお持ちではないだろうか。

シリヤケイカであれば、東京湾や大阪湾といった都会の海でも手軽に狙うことができてしまう。

今回はそんな都市部で狙えるシリヤケイカの狙い方を解説していく。

シリヤケイカの特徴

水の濁った湾奥部を好む

シリヤケイカはイカの中でもとりわけ、水が濁った場所を好む傾向がある種だ。

したがって水の綺麗な外海よりも、水が適度に濁った内湾部に多く生息している

海底に身を潜めている

シリヤケイカはコウイカの仲間であり、砂泥地の海底に身を潜めていることが多い。

したがって専門に狙う際は、海底付近を集中的に狙っていく釣り方が基本となる。

獰猛で好奇心旺盛

シリヤケイカはイカの中でも非常に獰猛な性格で、エギを見ると果敢に襲いかかってくる

アオリイカ等と比べると警戒心も薄いため、初心者でも狙いやすいのが特徴だ。

シリヤケイカの狙い方

シリヤケイカはアオリイカと同様のエギングでも釣れるが、工夫を凝らすことでさらなる釣果アップが見込める。

専門に狙う際はぜひ以下の手法も試してみてほしい。

ディープタイプのエギで狙う

基本は底付近(ボトム)を狙う釣りであるため、自重があるディープタイプがオススメだ。

やや波風がある日であっても、ディープタイプを使用すればストレスなくエギングを楽しめる。

ダウンショットで狙う

海底(ボトム)を効率よく探ることができるため、コウイカを釣る際によく用いられるダウンショットスタイル。

フォール時のバランスは崩れやすくなるが、アオリイカほど繊細なイカではないため、釣果にさほど影響はないだろう。

餌巻きエギで狙う

匂いでアピールできる餌巻きエギは、好奇心旺盛なシリヤケイカに対しては非常に有効となる。

また通常のエギよりも自重があるため、意識せずとも海底付近を狙いやすいというのも嬉しいポイントだ。

胴付仕掛けで狙う

投げて巻くだけで釣れる、とてもかんたんな胴付スタイル。

キャストして着底させた後、キス釣りのような完全にズル引きで狙っていく。

本来のエギングとは少し離れてしまうが、とにかくイカを釣りたい初心者にはオススメの釣り方だ。

近場で手軽に狙えるイカ

シリヤケイカの魅力は、何より遠出せずとも近所で、かつ手軽に狙えるといったところだろう。

大自然の中でのエギングも楽しいが、近くの海で釣る1パイもまた違った嬉しさがある。

外海が荒れた日や遠征する時間がないときは、ぜひシリヤケイカエギングに挑戦してみてほしい。

関連記事

エギングの参考に! アオリイカとシリヤケイカの捕食シーンまとめ

達人の技を見て学ぼう!コウイカ(スミイカ)の捌き方

アオリに劣らず美味しいイカ!初心者のための「コウイカの釣り方」徹底解説

タグ: