お手軽フィッシング!メジャークラフトの「トリプルクロス」と「パラワーム」を使用してメバルゲームに挑む

タグ: / / /
PR
2018年05月11日

メジャークラフト[Majorcraft]の「トリプルクロス」と「パラワーム」を使用して、ヒロセマンが防波堤からメバルを狙う動画が公開された。

これからメバリングを始めるアングラーにもわかりやすい内容となっているので、ぜひチェックしてみてほしい。

「トリプルクロス」と「パラワーム」を使用してメバルゲーム

場所は三重県志摩半島の堤防で、ヒロセマンが同社の「トリプルクロス」と「パラワーム」を使用して、防波堤からメバリングを堪能する動画が公開された。

簡単なようで独特の奥深さがあるこの釣りの魅力を、わかりやすく解説している。

初心者からベテランまで幅広い層のアングラーが熱中できる釣りなので、ぜひチェックしてみてほしい。

ジグヘッドリグでの攻め方

最も一般的で、メバリングにおける基本となるのがジグヘッドリグでの攻め方だ。ジグヘッドリグは大きく分けて2種類あるので、それぞれを解説する。

ラウンド型のジグヘッドは、一定のレンジを引いてくる、もしくはリフト&フォールで夜間にスローアクションで攻める際に最適だ。

一方ダート型のジグヘッドは、日中にリアクションバイトを誘う際に最適であり、ロッドを軽くシャクりながらアクションをつけるとよい。

プラグでの攻め方

昨今流行の兆しをみせているのが、プラグでの釣りだ。

大型狙いのイメージが強いが、5cm程度のプラグに対してでも、10cm前後のメバルは果敢にアタックしてくる。

プラグでの釣りが有効に働くのは、日が落ちてからのナイトゲームである。常夜灯周りをスローに誘えば、きっと反応を得られるはずだ。

フロートリグでの攻め方

日中、夜間を問わず、ジグヘッドリグを遠投したい場合に最適なのがフロートリグでの攻めだ。シャローエリアが続く藻場などで特に有利なリグである。

ただしアクションをつけることは難しいので、ラウンド型のジグヘッドと合わせてのスローな釣りにのみ対応している。

様々なリグを使い分けてメバリングをより一層楽しもう

1種類のターゲットに対して、様々なアプローチの仕方があるのがメバリングの面白いところだ。

時間帯やそのポイントの特徴から、最適なアプローチの仕方を探し当てることができれば、より一層奥深さを体感できること間違いない。

メジャークラフト「ふぉーる虫&まっすぐ尾」

メバルやカサゴなど上を意識する魚を攻略するためのフォール専用設計パラワーム、1.5&1.6inchの小さなシルエットボディは真冬のメバルゲームで大活躍。魚の好きな「えび風味」配合で、低活性時におススメです。「ふぉーる虫」は、12本足の微波動が上を意識するメバル・アジを誘惑。フラットカットテールの絶妙な動きが警戒心の強いメバルを魅了します。「まっすぐ尾」は、リブによるボディの柔軟さと波動がメバル・アジを誘惑、ピンテールの微波動が、ただ巻きやフォールで大活躍。

ラインナップ

[ふぉーる虫/1.6インチ,まっすぐ尾/1.5インチ] 各12色 8本入り

製品ページはコチラから

メジャークラフト「トリプルクロス ロックフィッシュモデル」

シャープなフィーリングや感度・軽さが重要なアジ&メバルロッドにおいて、クロス(カーボン)の重要性は非常に高くなります。新トリプルクロスは、その名の通り、3つの特徴あるカーボンで高次元に融合でキャスティングゲームにおいて多いく貢献しております。メインクロスには縦方向をメインに中・高弾性カーボンを採用、バット部には操作性に優れロッドの「暴れ」を防ぐ4軸カーボンと、カーボンテープで締めこむ事によるトルクフルバットパワーを実現したクロスフォース製法を搭載。ブランクセクションの応じた最新の製法が新トリプルクロス~TCXシリーズ~の進化となります。ガイドは定番となったSICリングの薄型最新モデル[SIC-S]を採用。軽量化によるロッドブレを軽減や、大口径化による飛距離のアップに貢献しています。

ラインナップ

モデル名 長さ(ft) ルアー(g) PE(号) 価格(円)
TCX-S732UL 7.3 0.4-5 0.1-0.6 14,800
TCX-S762UL 7.6 0.4-5 0.1-0.6 15,000
TCX-T732L 7.3 0.5-7 0.2-0.6 14,800
TCX-T762L 7.6 0.5-7 0.2-0.6 15,000
TCX-T762ML 7.6 0.8-10 0.3-0.8 15,300
TCX-T862M 8.6 1-15 0.1-1.0 16,800
TCX-T882MH 8.8 1.2-20 0.4-1.2 17,300

(太字は動画で使用されたタックル)

製品ページはコチラから

メジャークラフト「オトク・ヘッド」

ロストが勿体ないけどもっと根掛かりを恐れずに攻めたい!フックもしっかりしてないと駄目!という声にお応えすべく生まれたOTOKU-HEAD。1本あたりのリーズナブルプライスはそのままに、フックは巨メバル、尺アジでも対応可能な高強度のオリジナルフック仕様です

ラインナップ

[0.6g・0.8g・1.0g・1.2g・1.4g・1.6g・1.8g・2.0g・2.2g・2.4g] 本体価格:オープン価格

製品ページはコチラから

タグ: