テーマ別

トップページ>その他>釣り人は知っておくべき「魚をリリースするとき」のポイント

5750777169_111096925b_b (1)

12296アクセス 2015年08月23日

釣り人は知っておくべき「魚をリリースするとき」のポイント

タグ:

5750777169_111096925b_b (1)

出典:Male steelhead ready for release | Flickr – Photo Sharing!  (CC BY 2.0)

釣り人は大きく分けると、「魚を釣って食べることを目標にする人(キープ派)」と、「釣るまでの過程や釣ったサイズを楽しむことを目標にする人(リリース派)」に分かれる。

今回は特に後者の釣り人は知っておくべきな、「魚をリリースするとき」のポイントを紹介しよう。

魚に無駄なダメージを与えずリリースしよう

多くのリリース派の人は釣っても魚を食べない、もしくは釣ることだけが楽しみという方だろう。そんな人に注意して欲しいのは、魚に無駄なダメージを与えずリリースすることだ。

リリースする人の多くは、その魚が元気に生活するか、また釣りの相手として楽しませてくれることを期待してリリースする。このとき魚に無駄なダメージを与えてしまっては、リリース直後は泳いでいってもすぐに死んでしまうこともある。

魚の命があってこそ楽しめる「釣り」。無駄にしないように注意しよう。

釣り人は知っておくべき「魚をリリースするとき」のポイント

水中から出さない・陸にあげる時間を極力短くする。

魚は水中で生活する生き物。水中をでれば呼吸ができない状態で過ごすことになる。人間が水中で長い時間行動できないように、魚も空気中では長い時間生存できないので、「水中から出さない」もしくは「陸にあげる時間を極力短くする」ことを心がけよう。

ファイトの時間を短くする

魚も人間と同じく体を動かすと疲労する。魚は命をとられないために必死で抵抗するため、かなりの疲労物質が体内に蓄積する。大物とファイトするときは魚が疲労するまで粘ることも大切だが、無駄にファイトの時間を長くせずに、なるべく早く取り込んでリリースするとその後の生存確率も高くなる。

また釣って食べる際にも長くファイトすると疲労物質のために魚の味が悪くなることがわかっているので、キープ派の人もなるべく早く魚を取り込むようにしよう。

【次ページ:使用する道具の注意点】

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト