【実釣レビュー】アンダー20,000円のベイトフィネス専用機!?テイルウォーク「フルレンジ」の驚愕の基本スペック

by テイルウォーク
タグ: /
2018年05月25日 (最終更新日:2018年07月19日)

目次

  1. 浅溝スプールも標準搭載!実売2万円でやりすぎ感
  2. 独自ブレーキユニットと便利機能を紹介!従来のリールとの違い
  3. クライマックス魚出現!カバーから引きはがすハイギア性能
  4. 総括&ソルトでも流用可能!ロックフィッシュに使えるぞ

昼前にテトラ帯にポイント移動

最初のポイントではアタリが無かったため、正午前、テトラ帯にポイントを移動する。

テトラ周りを回遊している個体を狙うべく、先ほどと同様のタックルで釣っていく。

ベイトフィネスモデルは軽量2点式ブレーキユニット

ベイトフィネスモデルに搭載されているブレーキユニットはシンプルな2点式のため調整しやすく、軽量化によってキャスト時のスプール回転の立ち上がりが早く、軽量ルアーでも扱いやすい。

このように、使うルアーごとに瞬時の切り替えができる。

ベイトフィネスモデルに搭載されている34㎜径のスプールは、立ち上がりと飛距離(弾道の伸び)を考慮した一番バランスの良いサイズと言えるだろう。

スーパーハイギア、ミドルギアモデルは6点式

スーパーハイギアモデルとミドルギアモデルの6点式ブレーキユニットには、従来の常識を覆すサイズ違いのブレーキシューが搭載されている。

赤色がLサイズ、青色がMサイズ、黄色がSサイズとなっており、遠心ブレーキながらも非常に細かいブレーキの設定が可能だ。

これにより使用できるルアーの幅が広がり、軽量のプラグからヘビー級のビッグベイトまで、幅広いレンジのルアーを扱える。

脱落防止機能も!ワンタッチで開閉可能なサイドカバー

サイドカバーはオープンしたときも本体とつながっている設計。

うっかり落としてしまい、水没してしまったり砂まみれになってしまったりする心配が無い。

このサイドカバーはワンタッチ開閉式で、スイッチを親指で軽く押すと簡単にオープンできる。

巻いたラインの太さを記録!便利なラインメモリー

リールの内側には巻いたラインの太さを記録しておける便利なラインメモリーが。

複数のタックルを持っていったときも、どのタックルにどの太さのラインが巻かれているか、一目瞭然で分かるようになっている。

【次ページ:クライマックス魚出現!カバーから引きはがすハイギア性能】

タグ: