堤防から手軽に狙える高級魚!カサゴの捌き方の手順を解説

タグ: / /
2018年04月18日 (最終更新日:2019年07月11日)

出典:笠子(かさご)のさばき方 – How to filet Japanese Stingfish -|日本さばけるプロジェクト – YouTube

堤防からの探り釣りや、テトラの穴釣りで簡単に狙えるカサゴ。

今回は高級魚でもあるカサゴの、基本的な捌き方を紹介しよう。

カサゴの捌き方

  1. 鱗を落とす
  2. 表、裏面ともに胸ビレから頭に向けて包丁を入れ、中骨を断つ
  3. 尻から包丁を入れ、頭と内臓を一緒に取る
  4. 腹の血合いを洗い、水気を取る
  5. 尾を左にし、腹から中骨に沿って包丁を入れる
  6. 尾の手前に切れ目を入れる
  7. 魚体を半回転させ、背から中骨に沿って包丁を入れる
  8. さらに半回転させ、中骨に沿って関節を断ち、片身を切り離す
  9. 裏側の身も同様に切り離す
  10. 切り離した身の腹骨をすく

通常の魚の三枚おろしと要領は同じだが、サイズがそこまで大きくないものは動画のように頭と内臓を一緒に取るようにすると処理が手間が省け、処理も楽になる。

ファミリーフィッシングにもおすすめ

カサゴは雑食性で、あらゆるエサで狙えるうえ、貪欲なので初心者でも簡単に釣れてしまう。

だが生息しているポイントは若干限定されてしまうため、以下の記事で釣り方をチェックしよう。

パリパリとフワフワを同時に楽しむ!まるで居酒屋のようなカサゴの唐揚げの作り方を紹介

間違えやすいロックフィッシュ4選!触ると危ない毒魚も…

初心者でも楽しめる! 手軽に狙える「カサゴ」の釣り方まとめ

関連商品

タグ: