テーマ別

トップページ>ブラックバス>レイドジャパンの新作ビッグクローラーベイト「ダッジ」の使い方や注意点

キャプチャ (14)

16082アクセス 2015年08月21日

レイドジャパンの新作ビッグクローラーベイト「ダッジ」の使い方や注意点

キャプチャ (14)

出典:DODGE PV – YouTube

レイドジャパン[RAID JAPAN]の新作ビッグクローラーベイト「ダッジ[DODGE]」の実釣解説動画が公開された。使い方から注意点まで詳しく解説されているので、購入を検討している人は参考にしよう。

「ダッジ[DODGE]」の実釣解説動画

「ダッジ[DODGE]」の使い方

ダッジはデッドスローリトリーブでのアクションを得意とするルアーなので、基本的には岸際や障害物周辺、シャローエリアなどをゆっくりリトリーブするのがベストな使い方。同じポイントを何回もトレースしていると怒ってバイトしてくることも多いので、最低でも3回は同じポイントをトレースするのがよいという。

ただし、やや岸から離れた場所や水深のあるポイントを投げる場合、少しリトリーブスピードを上げて音を大き目に出し、アピール力を高くするのがよい。

羽が開かないときは

羽モノルアーにはよくあることだが、着水時に羽がしっかりと開かずに、リトリーブしてもしっかりと動かない場合がある。このような場合、ペンシルベイトドッグウォークさせるようなロッドアクションでルアーを動かすことで、羽がしっかりと開いてアクションするようになる。

【次ページ:「ダッジ」を使うのに適したタックルや、使用時の注意点とは?】

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト