トップページ>アジング・メバリング>遠投性能もバツグン!アジング中の爆風対策にはシマノのぶっ飛び新型フロート「ウルトラシュート」が効く

遠投性能もバツグン!アジング中の爆風対策にはシマノのぶっ飛び新型フロート「ウルトラシュート」が効く

タグ: / / / / /

アクセス 2018年04月04日

出典:ソアレ ウルトラシュート[Soare ULTRASHOOT]|ウキ|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

アジングファンの皆さんは、シマノ[SHIMANO]が発売しているソアレ「ウルトラシュート」をご存知だろうか。

本製品は飛距離を出しづらいライトゲーム用に作られた、ぶっ飛び新型フロートだ。

今まで届かなかったポイントまで楽に遠投することができ、強風時でもしっかりとレンジキープまでできるというアングラーをアシストしてくれるアイテムだ。

ソアレ「ウルトラシュート」の水中動画

本製品はAR-C重心移動システムを搭載しているため、遠投性能もバツグンだ。

レンジキープ力も優れており、スローリトリーブでもしっかりと釣れる層をトレースできる設計となっている。

以下では本製品の有効な使い方と爆風対策について見てみよう。

「ウルトラシュート使いこなし術!~丹羽喜嗣」

本動画ではソアレ「ウルトラシュート」を使った爆風対策について実釣解説をしている。

強風下ではラインが風の影響でふくらみすぎてアタリが取れなくなる。そこで本製品のウエイトを活用して上手くレンジコントロールしよう、というものだ。

動画中で使用している製品は24gと一番重いものだが、ジグヘッドの1.5gと同等の沈下スピードであるため、アジに違和感を与えることがない。

強風時に気を付けたいポイント

上でも説明したが、強風下ではラインが風の影響でふくらみ過ぎてしまう。

キャストした直後に空中にあるラインを海に浸けるよう、竿先から水面に近づけるように心がけてほしい。

この動作だけでラインのふくらみを防止でき、アジの繊細なバイトをいち早く感知しやすくなる。

急な天候の変化に上手く対処しよう

本製品のようなアイテムをタックルボックスにひとつ忍ばせておくことで、急な天候の変化でも対処できるようになる。

全てを予測することは難しいが、楽しい釣りを中断しないためにも意識するようにしよう。

関連記事

[RyoHさんからの寄稿] ジグヘッドの重さを使い分ける!爆風を活かしたロックフィッシュのドリフト釣法

竿は風上、ウキは風下へ!磯釣りでの横風対策法

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

カテゴリ

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト