高活性のイカだけじゃない!?春エギングでラトル入りのエギが有効な3つの場面

タグ: / / / / /
2018年04月04日

ラトル入りのエギは高いアピール力を誇る反面、低活性のイカに対しては嫌われることもしばしばある。

「それならば、気難しいイカが多い春は投げないほうが正解?」と感じるかもしれないが、決してそんなことはない。

今回は、そんな春のエギングでラトル入りのエギが有効な場面を解説していく。

春にラトルが有効な場面

釣り場に着いての第1投目に有効

シビアなイカが多い春シーズンであるが、釣り場についてのまず1投目はラトル入りのエギから投げるのが得策だ。

1投目から食ってくるようなイカは季節問わず活性の高い場合が多いため、春であってもラトル入りのエギに軍配が上がりやすい。

また、ラトルでエギの存在をアピールした直後にノンラトルのエギにローテーションすることで抱いてくることもある。

朝・夕マズメに有効

日中は全くエギに見向きもしないイカも、一日のどこかで必ず捕食行動をしている。

そんな気難しいイカを攻略できる短いチャンスタイムは、朝・夕マズメに訪れることが多い。

エギを見つけてもらわなくては勝負にないため、マズメはラトル入りのエギでアピールするのが吉だ。

産卵に夢中なイカに有効

出典:アオリコミュニティ|YAMARIA Corporation|新しい釣りを提案する

ペアリングが完了し産卵に夢中のイカに対しては、存在をアピールできるラトル入りのエギが有効だ。

このようなイカはエギはおろか生きエサですら食ってこないため、捕食ではなく威嚇のスイッチを入れることで攻略する必要がある。

周りのエサ釣り師も一切音沙汰がないような時は、ラトル入りのエギを積極的に動し猛アピールすることで、思わぬ1杯が獲れることがありのも覚えておこう。

資源の保護のため、この時期のメスの親アオリイカはなるべく優しくリリースするように心がけることをお願いしたい。

春もラトル入りのエギは必須

このようにラトル入りのエギは、高活性のイカ以外にも有効な場面がある。

秋のシーズンだけでなく、春でもラトル入りが有利に働く場面は必ずあるので、欠かさずタックルボックスに入れておこう。

関連記事

春のエギングシーズン前にもう一度確認しておこう!堤防、漁港でのエギングの基本

実はとっても初心者向け!?ディープタイプのエギの特徴と有効な5つの場面

関連商品

タグ: