テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>春のビッグ狙いはレンジの刻み方がキモ!磯のランカーメバルゲーム攻略法

春のビッグ狙いはレンジの刻み方がキモ!磯のランカーメバルゲーム攻略法

レンジにシビアな磯のランカーメバル攻略

春はメバルがスポーニングを終えて、消耗した体力を回復するために荒喰いをする季節。

さらにバチなどの産卵や、イワシ類の接岸とも重なる時期で、特に大型の個体はそういったベイトの集まる場所にベイトを求めて差してくる。

春は大型のメバルを狙うのであれば、ベイトを軸にゲームを組み立てていくのが定石だ。

とはいえメバルゲームに精通したアングラーならばそう難しくないが、大型を専門に狙ったことのないアングラーには非常に高いハードルといえる。

今回はこれから春の大型メバルゲームをやってみたいアングラーにむけて、そのノウハウを説明したいと思う。

ベイトの種類と狙うべきフィールド

まずこの釣りで考えたいのが、ベイトの種類と狙うべきフィールドだ。

冒頭でも触れたが、この時期のメバルはスポーニング後の回復をはかるために楽にとれるベイトを大量に捕食する。

春のベイトといえば、バチ抜けに代表される環形類や、水温の上昇とともに接岸するイワシ類だろう。

これらのベイトは特定の場所に多く集まる場合が多く、メバルもそれらの場所を知っている。

しかしそういった場所はメバルの普段生活する場所とは少し違い、身を隠すような場所が充分ではないこともある。

そのためそういった場所にエサを求めて集まるメバルは、他の魚に狙われることの少ない大型の個体に限られるため、大型メバルに絞って狙えるということになる。

具体的には、バチ類であれば河川絡み、ベイト類ならば、磯やサーフといった場所になる。

波の影響を受けづらい内湾の小磯で釣れるのは割と普通だが、これからの時期は本格的な磯周りにもベイトが入ってくれば、それを追ってメバルもシャローエリアに入ってくる。

今回は、そんな磯に焦点を絞って説明したい。

時合のタイミングと狙うべきポイント

磯はイワシなどの小魚にとっては潮流や波の影響を強く受けるエリアだが、この時期は、水温の上昇とともに海藻や藻などが芽吹き、プランクトンが大量発生する。

それに応じてカニやエビも多くなる。

小魚もそれを求めて多く磯周りに回遊してくるのだ。

そして、それらの小魚は遊泳力はそれほど高くないので、磯の速い潮流の中ではそれほど動き回ることはできない。

そのためそれらの流れをかわせるワンド内やスリットの奥に逃げ込み、潮の緩んだタイミングで動き出す。

メバルもそのことを熟知しているので、時合は必ずといっていいほど、そういうタイミングに訪れる。

そして、ワンドの出入り口付近に集中するのだ。

逆にワンドの中に集中しているベイトに対し狙いを定めて奥まで入り込むメバルは、潮の動いているときであればワンド内のブレイクや、スリットのシモリの脇などで待ちかまえていることもある。

ベイトは潮の緩い間に点々と回遊しているので、狙いをつけた場所に全くいないこともあるが、メバルは次の群れが回遊してくるのを待って、その場に居着いていることが多い。

ベイトに合わせて自分も動けば折角たくわえた体力を無駄に消費してしまうからだ。

そういうときは、磯周りのエビや小さな虫などを食べていることもある。

それは捕食するレンジとバイトの仕方で判別することができる。

ベイトを追うメバルのレンジ

動き回るベイトを捕食するメバルは表層20〜30センチでしか反応が出ない。

バイトは反転してひったくるようなバイトをするのが、ベイト着きのメバルの特徴だ。

その反対に小さなプランクトンなどを捕食している場合は最低限の吸い込みでこと足りるので、バイトの出るレンジこそひろいものの、小さなバイトが多く、フッキングに至らないことも多い。

ルアーもベイトパターンではあまり動きの大きなルアーには反応せず、虫パターンでは小刻みなアクションのルアーに好反応を見せる。

それらを参考にゲームを組み立てると無駄なく魚に近づける。

どちらのパターンでも、ワンドの奥や、凪のときなどは小さめのメバルが出ることもあるが、基本的に良型のメバルが多いので、ドラグはラインブレイクしないギリギリまで締めておく。

そうでないと一瞬で根に潜られたり、シモリに巻かれてしまうからだ。

ラインやリーダーのセッティングも尺メバルをゴボウ抜きできる程度のものを用意しよう。

掛かりが甘いとき用に小さめのネットなどを持参するのもいいだろう。

【次ページ:磯での実釣編!春の理論を検証していくと…】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • メジャークラフト