春バス攻略にはこのルアー!攻略の幅を広げる「シャッド」の春特有の使い方

タグ: / / / /
2018年04月11日

春は水温の変化が激しく、水温ごとにバスが反応するアクションが顕著に変わる。

今回はそんな春のバスに有効な、シャッドを使ったさまざまなテクニックを紹介しよう。

春に有効なシャッドアクション

ジャーク&ロングポーズ

こちらの映像ではサスペンドミノーを使用しているが、シャッドになっても要領は同じだ。

重要なのは必ずサスペンドシャッドを使用すること。

フローティングタイプのものや、シンキングタイプのものでは春のこの釣りには対応できない。

なぜサスペンドが効くのか

なぜサスペンドシャッドにこだわらなければならないのか。

それは春のバスには見せる「間」が重要になってくるからだ。

ジャークアクションの後に浮き上がってしまったり、沈んでいったりしてしまった場合、そこでバスはルアーを追うことを諦めてしまう。

そのためアクション後にその場でピタリと静止させ、長い間見せる時間をつくることが、春のこの釣りではキーになってくる。

ジャーク&ロングポーズにおすすめのシャッド

ラッキークラフト「ベビーシャッド」

不朽の名作と言える、シャッドの中でも王道中の王道であるベビーシャッド。

新たなシャッドが数多く開発され販売されているが、かくじつに「このシャッドでしか獲れない魚」というのが存在する。

それが形状なのか、アクションなのか、はたまたただの思いこみなのか。

筆者はそれを、言語化するすべをまだ知らない。

【次ページ:超低速巻きor超高速巻き?どちらを使うか】

タグ: