春のバスには赤色が効く?その理由とおすすめルアーを紹介

タグ: / / /
2018年05月05日 (最終更新日:2019年03月28日)

「春のバスにはレッドカラー(赤色)が効く」という通説を聞いたことがあるだろうか。

今回はなぜ春バスに赤い色が有効なのかを解説しよう。

春バスにはレッドカラーが効く!?

昔からバサーの間では「春バスには赤が効く」とされており、それにはさまざまな理由があるとされてきた。

その理由とはいったい何なのだろうか。

ザリガニを食っている説

春はザリガニが冬眠から目覚め、活発に行動しだす季節。

それに合わせてバスも動き出すのだが、水温になれていなくてあまり動けない段階では動きの速いベイトを追いきれない。

そうなった際にザリガニなどの甲殻類は格好のエサになるわけだ。

ネストを荒らしにきたザリガニを攻撃する説

この時期のバス特有の行動としてスポーニングがあげられるが、ザリガニはバスの産卵した卵を荒らす邪魔な存在。

もともと赤は威嚇を誘発するカラーということもあるが、そういったザリガニに対して攻撃をする際に口を使いやすい時期が春、という説もある。

春に有効なレッドカラーのルアー

エバーグリーン「ワイルドハンチ プリスポーンダイナマイト」

春の王道中の王道クランク。カラーのネーミングに「プリスポーン」という単語が入っているほど、春に爆発することの多いルアーだ。

基本的にはリップラップエリアなどをスローに引き、ザリガニのように演出する使い方がいいだろう。

オーエスピー「ドライブクロー アメザリ」

こちらはオーエスピーが誇る激釣れワームのレッドカラー。

主にテキサスやラバージグなどのトレーラー、ダウンショットなどで使うといいだろう。

このカラーのような「やや暗めのレッドカラー」がよく効くタイミングも存在するので、タックルボックスにひとつは忍ばせておきたいアイテムだ。

赤を制すものは春を制する

はっきりとした理由は分かっていないが、「春には赤が効く」と言われ続けている以上、ただの迷信でもなさそうだ。

他にも春後半は青が効くなどといった通説もあるので、自分なりの仮説をたてて実証してみてほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

春シーズン用ブラックバス攻略のためのルアーローテーション術

【実釣レビュー】アンダー20,000円のベイトフィネス専用機!?テイルウォーク「フルレンジ」の驚愕の基本スペック

春はこうすれば釣れる!春のブラックバス攻略法とおすすめルアーまとめ

タグ: