トップページ>オフショア(船釣り)>【ユージさんからの寄稿】難しい釣りほど奥が深い!実績確かなポイントで春マサチャレンジ

【ユージさんからの寄稿】難しい釣りほど奥が深い!実績確かなポイントで春マサチャレンジ

タグ: / / / /
2018年03月22日 (最終更新日:2018年12月13日)

こんにちは!

YouTubeで「YU-FISH TV」をやっています「ユージ」です。

【玄界灘沖ノ島でジギング】

今回は春マサシーズンということで大型の実績で有名な沖ノ島に初チャレンジしてきました。

まずは沖ノ島手前のポイントにてトップ

鳥がたくさん飛んでいてかなり出そうな雰囲気でしたがノーバイト。鳥がしつこくプラグを追ってきておわりました。泣

ジギング組は良型ブリをゲット

その後、本命の沖ノ島周辺へ向かいます

やはりここも鳥が多く良い感じですが。ジギング、スロージギングともに当たり無し

潮も動いて魚探にはビッシリ魚映ってるんですが全く反応がありません。なぜだ

その後、ポイント移動を転々としますがシーン

ようやくヒット!

今日は撃沈かもな〜と思いながらも諦めずジグをシャクり続けます。

そして約40回以上シャクって最初の1匹目が釣れました(><)

魚はヤズでしたが激渋な状況で釣れたので本当に嬉しかったです。

その後2匹目が掛かり大きそうでかなり期待したんですが

スレ掛かりで同じサイズ。どうりで引くわけです

今回は寂しい釣果になりましたが、難しい釣りほど考えさせられました。

いつもなら底から20〜30回でのヒットパターンで今回は釣れないため全層探るつもりで上まで巻いてきて結果的に釣れたので良かったです。

渋い状況では魚の食いが悪いのか触ってくる程度で食いには来てないのかなと感じました。

乗船された方も当たりはあるが乗らない、または掛けてもバラし等ありしっかり捕食してない感じでした。

いつも簡単に釣れる根魚も全くアタらず。

この渋い状況に対応する術を身につけないといけないですね。

ジグのシルエットやカラー、巻きスピードなど変えるところはたくさんありますね。

いろいろ模索してみようと思います

最後まで読んでいただきありがとうございます!

今回の釣行はYouTubeに動画あります↓

ぜひご覧ください(^^)

遊漁船はいつもお世話になっているP-IIIさん↓

https://fishingboatp3.wixsite.com/fishingboat-p-3

釣行データ

釣行日

2018/3/14(水)

釣行場所

玄界灘 沖ノ島

天気・潮

晴れ・中潮

今回のタックルセッティング

ロッド / ダイワ「キャタリナ ジギングモデル J60HS」

リール / ダイワ「キャタリナ 5000」

この記事を書いた人

ユージ

ユージ

鍛え抜いた肉体を持つ、美ボディアングラー。過酷な沖磯や玄界灘に潜む大型魚をターゲットにしている。
タグ: