【Takeさんからの寄稿】VSスケトウダラ!石鹸とフィッシュソープの違いとは

タグ:
2018年03月16日 (最終更新日:2018年12月13日)

キャッチ&イートの釣りがメインな僕ですが、魚を捌いた時、あるいは保存していた魚を料理するときにどうしても手についてしまうあの生臭いにおい。

普段は石鹸で落としていましたが、完全に落ちることはなく悩まされていました(^^;

どうせ完全に落ちないものだと割り切っていましたが、そこで見つけたのが「フィッシュソープ」です!

スケトウダラで試してみる

名前の通り、魚の生臭さを解消するためのものであり、完全に取れると期待(^.^)

時期的なものもあり中々すぐに使う機会がありませんでしたが、臭いがきついと思われるスケソウダラが釣れたので試してみました!

スケソ ウダラを捌いて料理した後に早速使用します。

手に出すとこんな感じ

手のひらに適量出してみました!

中身は歯磨き粉よりも固めで先ずは手に水は付けず、馴染ませます。

ちょっと馴染ませるのに力がいるので、途中で水をつけて手のひらでもみ洗いました。

手のひらで伸ばすと

このような感じになりました。

早速、水で洗い流してみると石鹸とは違ってヌメヌメ感もなくすぐに綺麗に落ちました(^.^)

そして一番肝心な臭いですが、嗅いでみたところ全くありませんでした!

実はこの時に魚をフライにしたのですが、手に油が付いていました。

その油も綺麗に落ちてまた、手荒れもしませんでした。

ほんの少量で十分魚の臭いが気にならなくなるので、釣行後や調理後などにオススメです!(^^)!

この記事を書いた人

Take

Take

札幌在住で、季節に応じた魚を追いかけている。ショア(陸)、オフショア(船)のどちらも楽しむアングラー。夢はオヒョウを釣ること。
タグ: