フッキング率は下がるor上がる?トレブルフックからシングルフックに付け替えた場合のメリット・デメリットとは

タグ: / / / /
2018年03月07日

目次

  1. シングルフックのメリット
  2. シングルフックのデメリット

シングルフックのデメリット

メリットばかりのように見えるシングルフックだが、当然注意すべき点もある。

シングルフック装着前によく確認しておこう。

ルアーアクションが変化する

元々トレブルフックが装着されているルアーは、基本的にそのトレブルフック装着時のバランスで泳ぐように設計されている。

ルアーの種類によってもフックの種類、番手などに対する寛容さが異なるが、シングルフックに変えることでアクションが変化してしまうことが多い。

これは、シングルフックによってフックの抵抗や重量が変化してしまうことが主な理由である。

シングルフックに変更する際には、釣行前にアクションをよく確認しておこう。

フッキング率が下がる

前述の通りシングルフックにすることで接点が減り、深いフッキングが可能になるものの、当然魚がフックに触れる数が減ってしまう。

フッキングしてしまえばバラしにくいため、その分如何にしっかりルアーを食う深いバイトを誘えるかが重要となってくる。

一方で、小さなバイトをとりあえずフッキングに持ち込みたい状況などでは、トレブルフックの使用がよいだろう。

フックが絡みやすい

より大きな番手を使用可能なシングルフックだが、ルアーのサイズ感などを無視して大きすぎるフックを使用するとフックがボディに絡んだり、フック同士が抱いたりとトラブルの元となりうる。

シングルフックを使用する場合、重量のみを合わせれば良いというわけではない。

トラブルが起こりにくいサイズ、水の抵抗が減少することによるアクションの変化など、複数の要因を考慮してバランスをとるようにしたい。

シングルフックを活用しよう

シーバスや大型青物狙いで使用者も多いシングルフック。

メリットとデメリットを理解し、適切な場面で活用していこう。

関連商品

タグ: