テーマ別

トップページ>ブラックバス>もうカラー選択で迷わない! バス釣りでのルアーカラーの使い分け

2540046676_21fd35f4ef_b

13360アクセス 2015年08月17日

もうカラー選択で迷わない! バス釣りでのルアーカラーの使い分け

2540046676_21fd35f4ef_b

出典:Lure Selection | Flickr – Photo Sharing!

小魚をイミテートしたリアルなカラーから、生き物には見えないような鮮やかなカラーまで、ブラックバスルアーには多くのカラーバリエーションが存在する。フィールドや状況によってカラーを使い分けることで、同じルアーであっても釣果に差がでることも

今回は、フィールド別に持っておきたいカラーを解説しよう。

河川

河川にも、マッディウォーターからクリアウォーターまで様々な種類があるが、大体の河川に言えることはベイトフィッシュが豊富なこと。よってベイトフィッシュライクなカラーのルアーが効果を発揮することが多い。ただし、雨が降って水がかなり濁った場合には、チャート系のカラーも有効になってくる。

メガバス(Megabass) ルアー X-80 TRICK DARTER 和銀アユ
メガバス(Megabass)
売り上げランキング: 211,806

河川のバスは、多くの河川に生息しているアユを捕食していることが多い。その他にはオイカワなどもメインベイトとなる。

こちらも参考に

河川のブラックバス完全攻略法はこれだ! 鍛えられたバスとのファイトがアツい!

野池

野池ではベイトフィッシュが少ないことが多い。そんなとき、バスは虫や甲殻類をメインベイトとしている。グリーンやレッド系のルアーが効果的だろう。

ダイワ(Daiwa) ルアー ピーナッツ2 リバースクロー
ダイワ(Daiwa) (2014-07-31)
売り上げランキング: 28,019

ザリガニに似たクローも定番カラーの一つだ。

こちらも参考に

バス釣りの醍醐味! 野池でバスを釣る必勝テクニック!

クリアウォーターレイク

クリアウォーターレイクでも、河川と同様にベイトフィッシュが豊富だ。しかし、河川とは異なりワカサギやトラウト系が多く生息しているので、それらのカラーが有効となる。ワカサギパターンは有名なメソッドだ。

ニジマスなどのトラウト類はビッグバスが好んで捕食するベイトフィッシュだ。

こちらも参考に

見えバス攻略を楽しもう!クリアウォーターでのバス釣り攻略法!

マッディウォーターレイク

マッディウォーターレイクの特徴は、ベイトフィッシュだけでなく、アシなどのベジテーションが豊富で甲殻類も多く生息していることだ。よってウィードエリアやアシ際など、甲殻類の多いポイントでは前述のレッド系やブラウン系、流れ込みなどのベイトフィッシュが溜まりやすいポイントではベイトフィッシュに合わせたカラーをチョイスしよう。アピール力の強いチャート系カラーも強い。

メガバス(Megabass) ルアー X80-TRICKDART(SP) M ブルーバックオイカワ
メガバス(Megabass) (2013-04-04)
売り上げランキング: 210,704

濁った水の中でバスにしっかりとアピールしなければならないため、フラッシング効果のあるカラーも有効だ。

こちらも参考に

見えないバスはどこにいる!? マッディウォーターレイクの攻めるべき場所

カラーセレクトに絶対はない! 試行錯誤しよう

今回は大まかなフィールド別に必要であろうカラーを解説したが、実際は個々のフィールド、状況ごとに釣れるカラーは異なってくる。今回解説したカラーをベースに試行錯誤して、自分なりのカラーの使い分け方を考えてみよう。

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト