【hatakeさんからの寄稿】真冬の夜だからこそ狙って釣れる!?アイナメの活性と釣り方を詳しく解説

タグ: / / /
2018年02月15日 (最終更新日:2018年12月13日)

こんばんは!

インスタグラム「hatake_fishing」のhatakeです(^_^)

北海道は寒さがとても厳しい時期ですが、婚姻色で金色に輝くアイナメを狙って海へ繰り出しております。

しかし、結果から言いますと婚姻色のアイナメは未だに釣れておりません(笑)

写真の釣行は2月3日の0時~3時頃。

サイズはまずまずですが…。

水温が低いのと、繁殖期も終盤に差し掛かっているためか、釣果は下り坂です…。

そこで!

今回は、この時期の夜のアイナメの釣り方や兆候についてまとめてみました。

では、さっそく!

冬のアイナメの釣り方

①ポイント

水温が低いこの時期、しかも夜のアイナメは、絶壁や船などの近くでジィーっとしている事が多いです。

根がある場所が一般的には釣れると考えられていますが、根がない場所でもエサが豊富でアイナメが身を潜める場所があれば、釣れる可能性があると思います。

水深に関しては、まだいろいろと勉強中です(笑)

確かに水深が深いポイントで釣れる事が多いのですが、自己最大サイズのアイナメを釣り上げたポイントは、昼間に覗くと底が見える程浅いポイントでした。

漁港では、足下が全て絶壁となっており、足下に海水が入り込む環境になっていれば、いっそうアイナメが潜んでいる可能性は高くなる思います。

そのため、足下を中心にまんべんなく探って行くことで釣果につなげるというのが、私がよくやる方法です。

また時間が限られているけれど、少しでも数を多く出したい時にはアタリがあったポイントを覚えておくといいです。

時間を置いてもう一度攻めてみると、もう一度食いついてくることがあります。

②アイナメの動き

この時期のアイナメは、ほとんど動かずにジィーっとしている事が多いと思われます。

何度も同じポイントで小さなバイトが続くけれども、なかなか食ってくきれない!

そんな事も少なくありません。

そして、こんな事も何度かありました。

「もう少しで釣り上げられる!」というところまできて、足下へ「ドボンっ!」とアイナメを落としてしまった事が何度かあります

しかし、そんなときも慌てずすぐに同じポイントを狙ってみます。

そうすると、さっき落としたであろうアイナメがすぐに釣れたりするのです。

過去に釣り上げた46㎝の繁殖期の金色のアイナメは、フッキングが上手く決まっていなかったため足元でバラしてしまいました。

金色の魚体が見えていただけに悔しくて、ダメ元ですぐにそのポイントへルアーを投げ入れたのです。

そうすると、まさかの何事もなかったかのように再ヒット。

今度は確実にフッキングを決め、釣り上げる事ができました。

バラしてしまったときでも、すぐに諦めないほうが好釣果につながりやすいです。

③バイトの仕方

この時期は、1発で吸い込み、丸飲みするようなバイトは少ないです。

モゾモゾと口元で探ったり、ワームを少しだけくわえたりなど、即フッキングしてもなかなか決まりません。

そのため、すぐにアワセず、完全にワームがアイナメの口の中に入ったなと感じたら、思いきりフッキングをします。

焦らず、ロッドから伝わってくる感触からタイミングを見極めるのが大切です。

ワームをくわえた後ジッとしているアイナメも多く、根掛かりかなと勘違いしてしまうこともあります。

④ファイトの仕方

フッキングで手応えを十分に感じた後でも、最初はあまり引きが感じられず、途中から急にグイグイ引きだすアイナメがいます。

推測ですが、これは多分、アイナメが半分眠った状態で夜間は捕食を行っているのだと思います。

水面に顔を見せてから突然暴れだすアイナメもいて、なんだか申し訳ないなぁと思うことがありますが、昼間よりもバイト後に根に潜られる可能性は少ないように感じています。

④誘い方

基本的に身を潜めている活性の低いアイナメを誘い出すので、ボトムでチョンチョンと小刻みにアクションさせます。

たまに1〜3秒ほどアクションを止めます。

動きを止めた瞬間バイトする事も少なくありません。

きっとアイナメは、ジィーっとワームの動きを眺めてるか、もしくはゆっくりとついてきているのだと思います。

警戒心が薄れている?

自分の経験からまとめると、こんな感じですね(^_^)

アイナメは昼間に狙うことが多い魚だと言われていますが、夜でもそれなりに釣れます。

この時期の夜のアイナメの釣り方は、活性の高いシーズンの釣り方に比べるとかなり異なります。

しかし、逆に考えれば、かなり警戒心が薄れているため、釣り方とポイントがマッチすれば昼間より釣りやすいのかもしれません(^_^)

もし良ければ参考にしてくださいね(о´∀`о)

それでは、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

インスタグラムの「hatake_fishing」でも、常時釣果報告を行っておりますので、良ければ覗いてみてくださいねー(^_^)

フォローやメッセージも大歓迎です。

釣行データ

釣行日

2018年2月3日

釣行場所

北海道 苫小牧市の大型漁港

天気・潮汐

晴れ・中潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ ダイワ「バスX 632MLS」

リール/ ダイワ「レブロス 2500」

この記事を書いた人

hatake

hatake

北海道のイクメンアングラー。アイナメを中心としたロックフィッシュゲームが得意。将来の夢は娘と2人で釣りをすること。
タグ: