トップページ>ショアジギング>ダイビングペンシルだけじゃない!青物用ポッパーの使い方と有効性

ダイビングペンシルだけじゃない!青物用ポッパーの使い方と有効性

目次

  1. ポッパーの使い方
  2. ポッパーが有効な状況

ポッパーが有効な状況

年中どのような状況でもポッパーが釣れるというわけではない。

次に、ポッパーが効果的な状況を解説していこう。

マイクロベイトを食べている

青物のみならず、あらゆる魚種を狙うにあたってアングラーを悩ませるのがマイクロベイトパターン。非常に小さなベイトを捕食しており、通常サイズのルアーでは食わせるのが困難な状況だ。

さらに飛距離が釣果に繋がることも多いショアプラッギングにおいて、極端に小さなルアーを使用することはほぼ不可能に近い場合が多い。

ここで効果を発揮するのがポッパーなのである。

スプラッシュアクションで発生する泡によってルアーのシルエットを誤魔化し、水しぶきは小さなベイトが追われている様子をイミテートすることが可能だ。

ルアーのシルエットを小さく見せるという観点では、クリア系カラーも有効な選択肢となる。

時化でルアーが引けない!

ショアプラッギングでは強風、うねり有りの時化模様の中で釣りをすることも多いが、そんな状況では風や波でライン、ルアーが流されてまともにアクションできないこともしばしば。

しかしダイビングペンシルがまともに動かない状況でも、ポッパーは比較的アクションさせやすい。激流へとアップでルアーを通したい場合にもポッパーが有効だ。

頭部のカップがしっかり水を受けてくれるため、ラフな水面でも水噛みが良いのである。荒天時には強くアクションさせても飛び出しにくい、自重のあるものやウッド製のものがおすすめだ。

ウッド製ルアーは、高価であるがインジェクションルアーにはない水噛みの良さが魅力

ソルティアポッパーは飛距離も抜群で激しいスプラッシュから繊細なポッピングまでこなし、筆者が多用する青物用ルアーのひとつである。

また、時化の中での釣りは注意が必要。少しでも危険と感じたらすぐに釣りを中断しよう。

【入門者必読】膨張式ライジャケは絶対ダメ!磯釣り全般における危険性と、必要装備、マナーまとめ

ダイビングペンシルの反応が悪い

上記のような状況でなくとも、なぜかダイビングペンシルに比べてポッパーへの反応が顕著なケースも多数ある。

ダイビングペンシルでどうにも反応が得られない場合には、試しにポッパーを使用してみよう。

ポッパーを活用しよう!

毎回ボックスにポッパーを入れてはいるものの、出番がほとんどないという方も多いはず。

ちなみに筆者はダイビングペンシルと同数のポッパーを準備し、使用時間がダイビングペンシルより長いという状況がよくあるほど愛用している。

本記事を参考にポッパーの有効性を確認し、自信を持ってポッパーを投げてみてほしい。

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / / / / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

カテゴリ

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト