テーマ別

トップページ>ショアジギング>ダイビングペンシルだけじゃない!青物用ポッパーの使い方と有効性

ダイビングペンシルだけじゃない!青物用ポッパーの使い方と有効性

近年大人気なショアプラッギングのメインルアーといえば、ポッパーではなくダイビングペンシルだろう。

ヒラマサ等を狙うにあたって、ポッパーでは釣れないと思っている方も多いかもしれないが、時にダイビングペンシルを上回る効果を発揮することが多々あるルアーなのだ。

今回は、そんなポッパーに焦点を絞って有効性等を解説していくので、ぜひ参考にしてほしい。

目次

  1. ポッパーの使い方
  2. ポッパーが有効な状況

ポッパーの使い方

こんな愛嬌のある表情もポッパーならではで、使っているだけで楽しめる。

ポッパーの操作方法は主に

  • スプラッシュ
  • ポッピング

の2つがある。

スプラッシュ

ティップを鋭く煽ることでヘッドのカップで水を受け、水しぶきを前方へ飛ばすアクション。

最もアピール力のあるアクションと言えるだろう。

ポッピング

スプラッシュよりは優しくロッドを操作することで、コポコポと泡を出しながらアクションする。

移動距離を抑え、ネチネチと誘える

上記2つのアクションの他に、ポッパーの種類によってはドッグウォークやダイビングペンシルのように泡をまといながらダイブしたりと、操作次第で多彩なアクションを演出できる点もポッパーの魅力のひとつである。

タックルハウス[TackleHouse]のダイビングウォブラーは、ポッパーのように泡をまといながらもダイブしてウォブリングアクションをする。

一般的なポッパーとは一味違った個性のあるルアーだ。

アクションのコツ

ポッパーのアクションでキモとなるのがラインスラッグ。

ロッドを煽った直後のラインスラッグの出し具合で、スプラッシュやポッピングの使い分け、移動距離の調節などが可能になる

ルアーそれぞれに個性があるため、煽る強さ、ラインスラッグの出し方でどのような動きをするのかをよく確認しておこう。

また、アクションの間のポーズ(食わせの間)が非常に重要で、ポーズを怠るとバイト寸前で乗らなかったり、浅いフッキングでバラシの原因ともなる。

ポーズ(食わせの間)を入れる

釣れないと焦って動きが早くなりがちだが、そんな時こそ意識して長めのポーズをいれてみるとよい。

上記のラインスラッグを意識することで、自然とルアーを止めることができるだろう。

さらにスプラッシュ、ポッピング共に状況によってアクションの強さを変えていこう。

GTを狙う時のような激しいスプラッシュにバイトしてくることもあれば、ダイビングペンシル以上に控えめな、優しいポッピングでしか反応が得られない場合もある。

【次ページ:ポッパーが有効な状況】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / / / / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • メジャークラフト