堀田光哉氏がDUOの「ウェッジ」を徹底解説!汎用性の高さを持つ新作シンキングペンシルが登場

タグ: / / / / / / / / /
2018年02月09日 (最終更新日:2018年11月26日)

2018年2月3日よりインテックス大阪で開催された「フィッシングショーOSAKA 2018」。

ツリホウ編集部が各メーカーを取材し、新製品・イチオシ商品の魅力をピックアップしていく。

デュオ[DUO]ブースからは、汎用性の高さを持つ新作シンキングペンシル「ウェッジ」の登場だ。

「ウェッジ」を堀田光哉氏が徹底解説

汎用性の高さを持つ新作シンキングペンシル「ウェッジ」が登場。

120mmというサイズやシルエットにこだわっているため、納得の飛距離を叩き出せるようになっている。

フォールは少し後ろにスライドする水平フォールであり、イレギュラーに食わせの間を与える仕様だ。

ヒラメだけではなく、青物やシーバス、ヒラスズキ、ナブラ打ちにも対応している点にも注目したい。

Amazonで購入

タグ: