【海外釣行記その5】往復3万で行けるシンガポール・マレーシア釣行~Kampar編その1~

タグ: / /
2018年08月26日 (最終更新日:2018年08月29日)

海外釣行好きの筆者が、実際に現地におもむきシンガポール・マレーシアの釣り場について紹介する本連載。

今回はマレーシアのピーコックバス釣りの聖地、Kamparについて紹介する。

Kamparは航空写真で見ると驚くほど多くの湖が密集しており、いかにもピーコックバスが釣れそうなポイントがたくさんある場所だ。

ここに四日間滞在し、二度の湖でのボートフィッシング、及び小川や養殖池での小物釣りの模様を二度に分けて紹介する。

ピーコックバスの聖地Kamparとは?

釣り場情報

Kamparは首都クアラルンプールから北に約200kmの位置にある小さな街である。

地図を見るといくつもの湖や野池が密集していることが分かるが、これらのほぼ全てが釣り場となる。

その時々によって釣れている場所が変わるため、釣りをする際は現地のガイドを雇うのが一般的だ。

アクセス

タクシー、バス、電車の3つの手段があるが、バスと電車が値段も安くおすすめだ。

筆者は往路は知人の車で向かったが、復路は電車でクアラルンプールまで戻った。

片道約2時間かかるが、値段はRM30前後と比較的リーズナブルだ。バスの場合だとRM16からチケットを購入できる。

一日の便数が少なく混雑するため必ず予約をしておくこと。以下リンクから予約をするといい。

EASY BOOK.com

ターゲット

ピーコックバスをはじめ、ジャイアントスネークヘッド(以下トーマン)、クラウンナイフフィッシュ(以下ベリーダ)を主に狙うことができる。

しかしKamparも有名なポイントになってきており、ピーコックは年々大型の個体が減少しているようだ。

トーマンは幼魚のうちは群れで生活し、その群れを母親が守っている。

代表的な釣り方が呼吸撃ち。雷魚同様、トーマンも呼吸のために水面に出てきて波紋ができる。

そしてその波紋めがけてディープクランクやバズベイトをキャストする。

【次ページ:実釣レポート!いざKamparへ!】

タグ: