2050年に日本近海で獲れなくなるかもしれない魚介類とは?日本財団が驚きの研究結果を発表

タグ: / /
2018年02月06日

出典:「2050年に日本近海で獲れなくなるかもしれない魚介類」を知っていますか? | 海と日本PROJECT【日本財団】

日本財団がカナダのブリティッシュコロンビア大学等と行っているネレウスプログラムの研究で、「2050年に日本近海で獲れなくなるかもしれない魚介類」を発表した。

2050年には日本人が普段から親しんでいる多くの魚種について、現在よりも漁獲量が減ると予想されている。

この中で「将来獲れなくなるかもしれない魚種」とは

出典:「2050年に日本近海で獲れなくなるかもしれない魚介類」を知っていますか? | 海と日本PROJECT【日本財団】

日本財団がカナダのブリティッシュコロンビア大学等と行っているネレウスプログラムの研究で、「2050年に日本近海で獲れなくなるかもしれない魚介類」を発表した。

画像に表記された魚種の中で、「2050年に日本近海で獲れなくなるかもしれない魚介類」を6種類考えてみてほしい。

驚きの答えは

「2050年に日本近海で獲れなくなるかもしれない魚介類」の答えは以下の通りだ。

  1. イカ
  2. コハダ
  3. マグロ
  4. 赤貝
  5. エビ
  6. イクラ

マグロの資源の話は世間を賑わせているだけに予想はできたが、その他5種類については驚きの答えといえる。

獲れなくなるかもしれない理由が気になるが、「日本財団 海と日本PROJECT」の公式サイトには理由は明記されていない。

「日本財団 海と日本PROJECT」とは

海で進行している環境の悪化などの現状を、子供たちをはじめ全国の人たちが「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくためプロジェクトが「日本財団 海と日本PROJECT」だ。

獲れなくなるかもしれない理由を記していないのは、海のことを「自分ごと」として考えてほしいという問題提起なのかもしれない。

「日本財団 海と日本PROJECT」公式サイト

海と日本PROJECT【日本財団】

関連商品

タグ: