【海外釣行記その5】往復3万で行けるシンガポール・マレーシア釣行~Kolam siakap jugra RM3編~

タグ: /
2018年08月19日

海外釣行好きの筆者が、実際に現地におもむきシンガポール・マレーシアの釣り場について紹介する本連載。

今回はマレーシアにある釣り堀のひとつ、Kolam siakap jugra RM3について紹介する。

この釣り堀はバラマンディをはじめ、ジャイアントグルーパーやジャイアントトレバリー(以下GT)を狙えるソルトウォーターの釣り堀だ。

Kolam siakap jugra RM3はどんな釣り場?

Kolam siakap jugra RM3がどのような釣り場なのか、そのアクセスや料金体系、ターゲットなどについて説明していく。

住所

Kampung Ayer Tawar, 42700 Banting, スランゴル マレーシア

WEBサイト

https://www.facebook.com/kolamsiakapjugraRM3/

アクセス

公共交通機関でアクセスすることはできないため、タクシーやウーバーを利用しよう。

営業時間

年中無休午前7時~午後8時まで営業している。

料金体系

ロッド一本につき、1時間あたりRM20だが、3時間目以降は1時間あたりRM10となる。

ターゲット

受付から見て3つのポンドがあり、左からバラマンディ、ジャイアントグルーパー、GT専用のポンドとなっている。

バラマンディは朝夕マズメや曇天時にトップへの反応が良く、それ以外でも比較的簡単に釣れる。

ジャイアントグルーパーもバラマンディほどではないが、難易度はそれほど高くない。

だがGTだけはかなりスレているようで、地元のアングラーでも釣るのが難しいらしく三種の中で最も難易度が高い。

【次ページ:実釣レポート!釣り方のコツを解説】

タグ: