【ユージさんからの寄稿】大型ブリの引きはどこが違う?3度目の挑戦にして10kgに迫るビッグサイズをキャッチ

タグ: / / / / /
2018年02月05日 (最終更新日:2018年12月13日)

こんにちは!

youtubeで「YU-FISH TV」をやっています「ユージ」です。

2018年初のオフショア

2018年1発目となるオフショアの釣行記です!

常連メンバーで、七里ヶ曽根に寒ブリ狙い!!

私にとっては、今回で3度目のブリ釣り。

さて目標としている10kgサイズは釣れたのでしょうか?

スロージギングで誘う

前回スロージギングで反応がよかったため、最初はスロージギングで狙っていきました。

水深は110m前後。

240gのジグを沈めていきます。

この時期はイカを捕食してるだろうと思い、シーフロアコントロールの「レクター」に思いをのせます。

そして開始早々に友人にヒット!

しかも大きそう!

上がってきたのは、なんとブリの2本掛かりでしたw

かなり活性が高いようです。

その直後気を抜いていた私にもドン!と当たって来ました!

まずは5kgクラスのブリ。

丁度良い引きを満喫できました♪

ジグの操作は、イカをイメージしています。

着底からスー、スー、スーーっとロッドを持ち上げて、ヒラヒラとフォール。

そのようなイメージです。

そしてやはり、アタリはフォールに集中しました。

開始してすぐに4名全員がブリをGET。

あとは心に余裕を持って釣りを楽しめますw

そして大型の10kgクラスを目指して頑張るのみです!

その時は突然きた

1匹釣って。のんびりと釣りをしていた直後…

ズンッとくるアタリ。

ロッドがバット付近から曲がってラインが出て行きます!

パワーファイトができるロッドではなかったのと、PE2.5号にリーダー40ポンドという細めのラインシステムだったので、

慎重にやりとりしました。

時間をかけて上がってきたのは10kgあるかないか…

期待して計測してみると、9kgクラスでした。泣

その後も9.6kgのブリを追加し、私はブリ5匹、レンコダイ、アコウの釣果でした。

10kgオーバへの挑戦はまたお預けです

大型のアタリは違う

今回感じたのは、小型のブリは掛けたらバタバタとした引きで、尾っぽがラインにバシバシと当たる感覚があります。

しかし大型は掛けたら根掛かり?

みたいなズシッとしたアタリで、その後ガーッとパワーで走るような感触でした。

体がデカくて重いのでこのようになるんですかね?

初めてこのサイズのブリを釣ったのでとても嬉しかったです。

友人の皆さんもかなりの釣果で、大型のヨコワにブリなどをしっかりGETです(^^)

船全体で何kgの水揚げだったことかw

終始安定して釣れたので生け簀は満タン♪

楽しい1日になりました(^^)

ブリも脂のりのりで美味しくいただきましたよ♪

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

今回の釣行はYouTubeに動画あります!

ぜひご覧ください(^^)

釣行データ

釣行日

2017年1月27日

釣行場所

七里ヶ曽根

天候・潮汐

曇り・若潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ ダイワ「キャタリナ BJ エアポータブル 63XHB」

リール/ ダイワ「キャタリナ ベイジギング 200SH-L」

遊漁船情報

fishing boat P-Ⅲ

この記事を書いた人

ユージ

ユージ

鍛え抜いた肉体を持つ、美ボディアングラー。過酷な沖磯や玄界灘に潜む大型魚をターゲットにしている。
タグ: