【Takeさんからの寄稿】少し荒れるくらいが好条件?群れを探り当ててヤリイカ&マメイカのヒットが連発

タグ: / /
2018年02月01日 (最終更新日:2018年12月13日)

こんにちは!

ブログ「北海道の魚を狙うTakeの釣り日記」 の「Take」です!

昨年の10月末はヤリイカが好調になり「釣りたい」という気持ちが高まっていました。

しかし、なんとなくショアジギングもしたくて、朝一番は適当な磯場に立つ。

  • 釣行日:2017年11月3日
  • 天候:雨
  • 潮汐:大潮
  • 釣行時間:ショアジギング 6時〜7時半 エギング14時〜22時

まずはショアジギングから!

午前5時過ぎに若干明るくなってくると、まだイカ釣り船の漁火が沖で目立っています。

そして夜明けとともに小雨が降ってきました。

うねりは強いものの、先端よりやや後ろに立ちジグを投げました。

狙うは大型の青物。

釣りがこれ以上やりにくくなる前に、何でもいいので1匹釣れればよいという状況です。

やがてだいぶ明るくなった午前6時半ごろ。

やや足元でリフト&フォールで誘っていたらゴゴゴッとした感触の良いアタリ!

フッキングしたものの、波に流され気味であまり楽しめなかったのですが、30cmオーバーのホッケをキャッチすることができました。

この調子で、まだ釣れないかな?と思いジグを投げる。

しかし反応がなくうねりの強さが増してきたため、7時ごろにショアジギングは終了しました。

一休みしてエギング!

移動後は車で休憩し、14時に釣りを再開。

小雨はすでに雨に変わっており、次第に風まで強くなる予報です。

少し釣りづらくなるものの、今後のハイシーズンに向けては丁度良い天候だと感じながら準備をしました。

1投目。ヤマシタの「ナオリー1.5号 ベーシック」で底を探るとさっそくマメイカが抱いてきた。

手返しは遅いが、ほぼ1投1パイで釣果が見込めるようになったので、大型に狙いを絞って夕マズメを待つことにした。

さらに15時15分頃にに、ドスンと重くなりヤリイカもキャッチ。

ラッキーと思い、またエギを投げると今度はヤリイカが釣れはじめる。

これは良い日になりそうだと確信した。

15時半になると足元でマメイカが釣れ始め、ダブルヒットも頻繁にある。

順調にマメイカを稼いでいたところに、足元ではヤリイカがヒットし、連発状態!

ヤリイカが数釣れる最高な状態が続いた。

こうして17時半には落ち着き、ヤリイカの釣果は2ケタ。

ここまで釣れるとは思ってなかったので、今回はかなり嬉しい思いができました(^^)

その後も飽きない程度にマメイカ&ときどきヤリイカがヒット。

ここでせっかくなので、色々なエギで楽しみました!

ほとんど釣れない時間帯もありましたが、19時半頃に何気なく足元を見ているとヤリイカの小さな群れが通っています。

ここを狙ってエギを投入すると、すぐに抱いてきてまだまだ高活性なイカもいるようでした。

こうして後が続かなった22時頃を前に納竿。

釣果はヤリイカやマメイカ、マイカで、大満足の結果でした!

それでは今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

私のブログ「北海道の魚を狙うTakeの釣り日記」もよろしくお願いいたします。

釣行データ

釣行日

2016年11月3日

釣行場所

北海道 オホーツク海

天候・潮汐

雨・大潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ ダイワ「エメラルダス MX 76ML H-S BOAT」

ロッド/ ダイワ「エメラルダス インフィート 2506W」

この記事を書いた人

Take

Take

札幌在住で、季節に応じた魚を追いかけている。ショア(陸)、オフショア(船)のどちらも楽しむアングラー。夢はオヒョウを釣ること。
タグ: