【海外釣行記その3】往復3万で行けるシンガポール・マレーシア釣行~釣り堀 KOLAM PANCING SEKSYEN 24編~

タグ: / /
2018年08月05日

海外釣行好きの筆者が、実際に現地におもむきシンガポール・マレーシアの釣り場について紹介する本連載。

今回はマレーシアで特に有名な釣り堀「KOLAM PANCING SEKSYEN 24」について紹介する。この釣り堀はとにかく料金が安く、そしてメコンオオナマズを狙えるとあって人気の高い釣り堀だ。

シンガポールからマレーシアへ入国するには?

シンガポールからマレーシアへ入国する手段は高速バスや飛行機、高速鉄道などがあるが今回は高速バスを利用した。

高速バスは事前予約しておくことをおすすめする。以下リンクから簡単に予約ができる。

EASY BOOK.com

片道約6時間の長旅だがわずかS$18でクアラルンプールまで行けてしまうので、時間に余裕があるときにはおすすめだ。

高速バス乗り場はGolden Mile Complexという場所で、多くの高速バスで賑わっている。

MRTのNicoll Highwayから歩いて10分ほどでアクセスできる。

マレーシアに入国

この橋の向こうがマレーシアである。

シンガポールとは異なり、川岸はマングローブ林で埋め尽くされていた。

その後も田舎の風景が延々と続き、まさに異国の風景といえる景色だ。

入国手続きももちろんあったが、思いの外一瞬で終わった。

この日はクアラルンプール郊外のゲストハウスに一泊し、翌日の釣行に備える。

この部屋は二人一部屋で、一泊RM25(約700円)。物価の低さを感じたマレーシア初日だった。

【次ページ:釣り堀「KOLAM PANCING SEKSYEN 24」を紹介!釣れる魚は…?】

タグ: