釣行に向けて予習しよう!真夏のライトショアジギングで五目釣り

タグ: / / / / /
2015年05月02日 (最終更新日:2019年07月19日)

-2015-07-16 23.54.35

出典 : 【メジャークラフト】ヒロセマン&カワテツ「ジグパラでショアジギング」 – YouTube

ライトショアジギングは一年中楽しめる釣りであり、四季折々釣れる魚が変化する。

暑い夏でも楽しめる釣りであるため、次回の釣行に向けて動画で楽しみながら学習しよう。

キャスティングフォームや、リールを巻くスピード、ロッドのアクションなど参考になる点が多くあるはずだ。

沖堤防からのライトショアジギングで五目釣り

本動画は、メジャークラフトから発売されているメタルジグ「ジグパラ」を使い多魚種を狙うというもの。

ライトショアジギングは軽めのメタルジグを使用するため、体力に自信のない方でも楽しめる釣りだ。

キャスティングフォームやリールを巻くスピード、ロッドのアクションなどを参考に爆釣を目指そう。

メタルジグで爆釣させるポイント

  1. しっかりタナを意識してフォールさせてからアクションする。
  2. 青物だけ狙うなら「アシストフック」だけでOK。五目釣りなら「リアフック」もつける。
  3. ナブラを狙う時は直撃させず、進行方向やナブラを越えたところにキャストしてジグをしっかりとアピールする。

どのような魚が釣れる?

ライトショアジギングではフィッシュイーターはもちろんのこと、そうでない魚がヒットすることもあり、多くの魚に出会いたい方にもおすすめしたい。

動画内で釣れた魚は、

  • シイラ
  • サバ
  • ホウボウ
  • エソ
  • フグ
  • サワラ

この他にもシーバスやブリ、マダイ、イサキ、カサゴ、キジハタなど様々な魚が釣れるので、まずはプロの真似からはじめてみよう。

動画で使用された商品

あわせて読みたい記事

シーバスロッドと何が違う?ライトショアジギング専用ロッドの特性とオススメ5選

【スズシゲさんからの寄稿】ベイト不在でも問題なし!ライトショアジギング実釣記

餌を使わないので手軽! 初心者でも楽しめる「ジグサビキ」のやり方

タグ: