【連載】魚の捕食動画シリーズ!第3回 ヤマメ、イワナ

タグ: / / / / /
2018年02月05日

魚は種類によって捕食する餌、またその捕食方法も様々で、その特徴が釣り方、仕掛けに反映されていることも少なくない。

本連載では、ポピュラーな釣魚の捕食動画を紹介し、特徴について見ていくことにする。

第3回は渓流釣りの人気ターゲットであるヤマメとイワナ。両種では一体どのような違いが見られるのだろうか?

釣りに役立つこと間違いなしなので、是非参考にしてほしい。

目次

  1. 渓流魚は何を食べている?
  2. ヤマメ、イワナの捕食シーン

渓流魚は何を食べている?

ヤマメ、イワナをはじめとする渓流魚が主に捕食しているのは水生昆虫。川底の石裏などに居るカゲロウ類の幼虫や、水面を飛ぶ成虫までも餌となる。

特に、カゲロウが羽化するタイミングでは盛んに捕食活動を行い、毛鉤を用いるフライフィッシングやテンカラ釣りはこのような食性を逆手に取った釣り方だ。

このように無数のカゲロウがハッチ(羽化)するタイミングは、フライフィッシャーにとって胸躍る瞬間だろう。

さらに、水生昆虫だけでなくバッタやセミ、カメムシなどの陸生昆虫を捕食することも多い。

特に大型になると魚食性も増し、ダム湖などから遡上したワカサギなどの小魚も餌となる。

中でもイワナは悪食といわれ、カエルや時にはヘビまでも食べてしまう。

【次ページ:ヤマメ、イワナの捕食シーン】

タグ: