「カワハギ」の捌き方を解説!濃厚な味わいの肝も絶品

タグ: / / / /
2019年11月08日

船釣りの中でも絶大な人気を誇るターゲットである「カワハギ」。

堤防の足元でも釣れるため、ファミリーフィッシングにもおすすめな魚だ。

今回はそんな「カワハギ」の捌き方を解説していこう。

「カワハギ」の捌き方

  1. 頭から胸ビレにかけて包丁を入れ、背骨を落とす
  2. 頭と胴体を引きはがす
  3. 頭に付いた内蔵から肝のみを取る(肝は捨てないこと)
  4. 腹の中の血合いを洗い流し、水気を取る
  5. 引き剥がした頭の部分から尾ビレに向かって両面の皮を引きはがす
  6. 尾ビレを切り落とし、腹から包丁を入れ片身を切りはがす
  7. 裏面は背から包丁を入れ残った身を切り取る
  8. 身に残った腹骨をすく
  9. 完成

透き通るほど美しい白身と濃厚な味わいの肝が特徴的なカワハギ。

フグにも似た食味ともいわれ、魚の臭みの原因であるウロコやヌメリがないため、適切な処理をすれば非常に美味しい。

刺身にする場合は肝を醤油に溶かす「肝醤油 」が絶品だがアニサキスの心配もあるため、初めての場合は経験者にレクチャーしてもらいながら調理しよう。

カワハギに似た魚に注意

変わった模様のカワハギが釣れたら注意!フグの70倍の毒を持つソウシハギとは

海の中には、カワハギの姿に酷似した猛毒を持つ魚も生息している。

釣り初心者の方は見分けがつかない可能性もあるため、持ち帰る場合は周りの釣り人に安全な魚かを尋ねるようにしよう。

カワハギと間違える人が続出!触るだけで危険な毒魚「キタマクラ」とは

カワハギを使ったレシピ

クックパッドでは170種類以上のレシピが公開されている。カワハギを持ち帰ったら見てみよう。

カワハギのレシピ 170品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが212万品

煮付けもおすすめ

カワハギは刺身だけではなく、煮付けにしても絶品だ。

釣り上げたサイズによって作る料理を変えてみるのもいいだろう。

自身で釣った新鮮なカワハギをぜひ一度味わってみてほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

堤防カワハギの釣り方を解説!カワハギが多く潜むポイントとは

光でスレたカワハギも獲りこぼさない!秋の肝パンはハピソンの「カワハギ集魚ライト」で釣果を独占しよう

釣ったら食べよう! どんな種類にも対応可能な「イカの捌き方」

タグ: