トップページ>その他>【連載】魚の捕食動画シリーズ!第1回 ブラックバス

【連載】魚の捕食動画シリーズ!第1回 ブラックバス

タグ: / /
アクセス 2018年01月31日

出典:ブラックバスがワームを捕食【水中映像】

魚は種類によって捕食する餌や捕食方法もさまざまで、その特徴が釣り方や仕掛けに反映されているといっても過言ではない。

本連載では、ポピュラーな釣魚の捕食動画を紹介し、特徴について見ていくことにする。

釣りに役立つこと間違いなしなので、ぜひ参考にしてほしい。

ブラックバスの捕食動画

さまざまなルアーの水中アクション、そしてブラックバスの捕食シーンが撮影されている。

ブラックバスは基本的に、大きな口で獲物を吸い込むようにして捕食しているのが分かるだろう。

クランクベイトやラバージグの突発的な動きに反応してルアーをくわえる様子がうかがえる。

いわゆる「リアクションバイト」は、このようにルアーを不規則、または瞬間的に動かすことによって思わず口を使ってしまうことである。

ブラックバスがルアーに興味を示してくれない時には、このリアクションバイトを誘発するようなルアーアクションを意識してみると良いだろう。

こちらの動画では、ワームに興味を示すブラックバスの様子が撮影されている。

ワームをすぐに食べるのではなく、少し気に掛けながらも様子を伺っているよう。

一気に吸い込むのではなく、食べ方もついばむようで控えめだ。

アタリがあるもののフッキングしないショートバイトはこのようにルアーを警戒していたり、活性が低い状況で起こる

ルアーをくわえた感覚を瞬時に察知できるような高感度のタックルや、食い込みのよさを重視したティップが柔らかいロッドなどはこのショートバイト対策として有効だ。

ブラックバスは好奇心が強い?

動画中のルアーはなんと、13インチ(およそ33cm)もの大きさだ。

ブラックバスは好奇心が旺盛で、一見エサには見えないようなルアーにでも興味を示し、アタックしてくる。

このように好奇心を煽ったり、威嚇させて口を使わせることが可能なのもバス釣りの魅力だろう。

バス用ルアーがさまざまなジャンルに分かれているのも、食性だけでなくバスの習性によるものといえる。

さまざまなルアーを試してみよう

小魚から甲殻類、ミミズ、小型哺乳類にいたるまで、幅広いエサを捕食しているブラックバス。

さらに彼らの好奇心旺盛な習性は、バスフィッシングの面白さのひとつでもある。

捕食動画を参考にさまざまなルアーを試して、その日の当たりルアーを見つけてみよう。

タグ: / /