【海外釣行記その2】往復3万で行けるシンガポール・マレーシア釣行~釣り堀 Iwarna Catch and Release Pond編~

タグ: / /
2018年07月29日 (最終更新日:2018年08月03日)

エサ取りの正体は?

大型魚を狙っているときに何度も餌を食い荒らしたエサ取りだが、持っていた中で一番小さな針で狙うと簡単に釣りあげることができた。

20cmほどのティラピアのような魚。その後もさまざまなエサ取りがヒットする。

こちらもティラピアの仲間と思われる魚。どうやら餌取りはこいつらのようだ。

日が落ちてからは餌釣りからワームに変更して狙うが、アタリはあるもののなかなかフッキングしない。

その後雨が降ってきたため午後11時頃に納竿し、受付でタクシーを呼んでもらい帰路についた。

Iwarna Catch and Release Pondのポイントまとめ

  1. 水車に巻かれないように魚とファイトする
  2. 水車の流れ込みの中は魚が付いているので重点的に狙う

今回のタックルセッティング

ロッド / アブガルシア「ワールドモンスター 654M」

ロッド / テイルウォーク「ナマゾンモバイル C694H」

リール / シマノ「CURADO 200HG」

リール / テイルウォーク「エラン ワイドパワープラス 71L」

【次ページ:釣り堀の特徴、注意点まとめ】

タグ: