トップページ>オフショア(船釣り)>いま電動タイラバがアツイ!ビーエムオージャパン(BMO)「リチウムイオンバッテリー」がマイバッテリーにおすすめの理由

いま電動タイラバがアツイ!ビーエムオージャパン(BMO)「リチウムイオンバッテリー」がマイバッテリーにおすすめの理由

大物を釣り上げるよろこびを手軽に楽しめるということで、オフショア(船釣り)では電動リールへの注目が高まっている。

ここではそんな電動リールの釣りがより快適になる、マイバッテリーを使ったタイラバの楽しみ方を紹介する。

目次

  1. 軽くて長時間使える!飛躍的に進化したリチウムバッテリー
  2. 電動タイラバにもってこい!マイバッテリーを使うべき理由
  3. 初めてでもかんたん!電動リールの基本的な使い方を紹介

オフショアの釣りは電動リールがおすすめ

電動リールとは、文字通り電気の力でモーターが回転し、自動で仕掛けの巻き上げを行ってくれるリールのこと。

強力なパワーファイトや、精確で細かい巻き上げ速度の調整など、使い方次第でさまざまな釣りの可能性を広げてくれる。

電動リールの性能を最大限に引き出すには

そんな電動リールの性能を最大限に活かすなら、マイバッテリーといっしょに使うのがおすすめだ。

そこで今回はマイバッテリーとしておすすめのビーエムオージャパン(BMO)「リチウムイオンバッテリー11.6Ah」を紹介する。

「リチウムイオンバッテリー11.6Ah」の特徴

他の追随を許さない軽さ

従来のバッテリーは鉛素材のものがほとんどで、非常に重い製品ばかりであった。

だがこのバッテリーはリチウム素材で、片手でもらくに持ててしまう。

重さを比較してみると、鉛製のバッテリーが4.1kgであったのに対し、本バッテリーは1.4kg

荷物が多くなりがちなオフショアでも、コンパクトなのでらくに持ち運べてしまう

長時間使用でも安心

使用時間は、リチウムイオンバッテリーの方が鉛製バッテリーよりも約2倍長く使用できる。

上の実験では、60Wの電気を各バッテリーで放電し続けたときの実験データだ。

バッテリーと機器を接続するワニ口は最大で3つまで装着可能で、魚群探知機をつないでも充電切れの心配をせず安心して使用できる。

衰えない巻き上げパワー

従来の鉛製バッテリーは、使用時間に応じてリールの巻き上げパワーが低下することがあった。

だがリチウムイオンバッテリーはその心配がない。

バッテリー残量が減っていても安定した電圧が供給されるため、充電が切れる最後の瞬間まで電動リールの性能をいかんなく発揮できる。

参考映像

ここで巻き上げパワーを検証した上の映像を参考にしてみてほしい。

同じ条件で海底から同時にオモリを巻き上げて、そのときの巻き上げパワーを比較している。

結果はリチウムイオンバッテリーが速く巻き終わり、3〜4秒遅れて鉛製バッテリーが巻き終わった。

リチウムイオンバッテリーの方が電圧が高く、電動リールのパワーを存分に引き出せていることがわかる。

素早い回収で手返しも速い

手返しの効率がよくなると、限られた船釣りの時間の中で魚を誘える回数が増える。

先ほどの映像内では水深約46mで、リチウムイオンバッテリーと鉛製のバッテリーで巻き上げたときのスピード差が3〜4秒だった。

ハンドルを巻いて回収した場合と比較するとその差はさらに大きくなり、手返しにもかなり影響してくる。

そのうえ電動リールはワンタッチで巻き上げの操作を行えるため、疲れもたまりにくいだろう。

水しぶきがかかっても安心な防水設計

この製品はIP65レベルの防水・防塵規格を備えており、海水に濡れる程度なら問題なく使用できる

さらに裏面にはすべり止めとしてラバー素材が使われているため、船が大きく揺れても滑りにくい。

レンタルボートやカヤックでも

マイバッテリーなら、バッテリーが常備されていない船でも電動リールの釣りを楽しめる。

釣り仲間たちとレンタルボートで、さらには機動性に優れるカヤックなどで使うのにもおすすめだ。

このバッテリーは専用のベルトが付属しており、船べりやロッドホルダーなどにぶら下げて使えるため足元も快適だ。

さらに機動力を高めるならこちら

さらに軽いバッテリーが欲しいという方には「リチウムイオンバッテリー4.4Ah」がおすすめだ。

この製品は「リチウムイオンバッテリー11.6Ah」をより小型にしたもので、専用のモバイルケースといっしょに使うことでバッテリーを身に着けたまま船上を移動できる

専用のバッグはこちら (BM-L4400用バッグ)

移動のたびにバッテリーを持ち運ぶ手間が省けるため、機動性を大きく高めてくれる製品だ。

使用時間の目安や、供給される電圧の安定性は以下の通り。

ライトなオフショアゲームを楽しむには十分な容量が確保されており、重量が約680gと超軽量なので持ち運びやすく、身につけていても疲れにくい。

大きめのポケットであればすっぽり入ってしまうほどのコンパクトさだ。

機動性を重視したいという方は、こちらの製品もチェックしてみよう。

フィッシング用品|リチウムイオンバッテリー4.4Ah – ビーエムオージャパン(BMO)

【次ページ:タイラバ×電動リールがアツイ!マイバッテリーを使うべき理由】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / / / / / / / / / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

カテゴリ

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト