メバリングはこれで決まり!メジャークラフトの「トリプルクロス ロックフィッシュモデル」の特徴を徹底解説

タグ: / / / /
PR
2018年02月04日

メジャークラフト[Majorcraft]の「トリプルクロス ロックフィッシュモデル」の特徴をヒロセマンが解説する動画が公開された。

4軸カーボンとクロスフォース製法を融合したブランクは、操作性に優れ、抜群の感度を誇る。

メバリング用ロッドの購入を検討しているアングラーはぜひ参考にしてみてほしい。

「トリプルクロス ロックフィッシュモデル」の特徴を徹底解説

ヒロセマンが同社の「トリプルクロス ロックフィッシュモデル」の特徴を解説する動画が公開された。

ワームメインの釣りにはソリッドティップモデル、プラグやジグをメインとする釣りにはチューブラーモデルと使い分けをすると、より快適に釣りを楽しめるはずだ。

デイゲームのメバリング

デイゲームはリアクションの釣りがメインとなる。夜間と違って魚が上ずっていないため、ボトムを中心に攻めるのがセオリーだ。

ダート系ワームを使用したマイクロワインドや、メタルジグを使うのがおすすめである。

メバルが潜んでいそうな、ストラクチャー周りや藻場を丁寧に攻めていくと釣果を伸ばすことができるだろう。

ナイトゲームのメバリング

ナイトゲームは表層付近までメバルが浮いていることが多く、スローに攻めるのがセオリーだ。

一定のレンジを引いてこれる丸型ジグヘッドリグや、プラグでの攻めが基本となる。

夜間は常夜灯周りにエサを求めて集まってくる場合が多いので、常夜灯周りを重点的に狙ってみよう。

特に足元や明暗の境目で反応があることが多いので、そのような場所を重点的に狙うことをおすすめする。

時間帯ごとに攻め方を変えてメバリングを楽しもう

メバルは日中と夜間で攻め方が異なる点が特徴的だ。それぞれの時間帯にあった適切な攻め方をすることが、釣果アップのコツとなる。

メインとなるのはジグヘッドリグであるが、プラグやメタルジグなど様々なルアーで狙えるので、多種多様なルアーを使い分けてみよう。

メジャークラフト「トリプルクロス ロックフィッシュモデル」

シャープなフィーリングや感度・軽さが重要なアジ&メバルロッドにおいて、クロス(カーボン)の重要性は非常に高くなります。新トリプルクロスは、その名の通り、3つの特徴あるカーボンで高次元に融合でキャスティングゲームにおいて多いく貢献しております。メインクロスには縦方向をメインに中・高弾性カーボンを採用、バット部には操作性に優れロッドの「暴れ」を防ぐ4軸カーボンと、カーボンテープで締めこむ事によるトルクフルバットパワーを実現したクロスフォース製法を搭載。ブランクセクションの応じた最新の製法が新トリプルクロス~TCXシリーズ~の進化となります。ガイドは定番となったSICリングの薄型最新モデル[SIC-S]を採用。軽量化によるロッドブレを軽減や、大口径化による飛距離のアップに貢献しています。

ラインナップ

モデル名 長さ(ft) ルアー(g) PE(号) 価格(円)
TCX-S732UL 7.3 0.4-5 0.1-0.6 14,800
TCX-S762UL 7.6 0.4-5 0.1-0.6 15,000
TCX-T732L 7.3 0.5-7 0.2-0.6 14,800
TCX-T762L 7.6 0.5-7 0.2-0.6 15,000
TCX-T762ML 7.6 0.8-10 0.3-0.8 15,300
TCX-T862M 8.6 1-15 0.1-1.0 16,800
TCX-T882MH 8.8 1.2-20 0.4-1.2 17,300

(太字は動画で使用されたタックル)

製品ページはコチラから

タグ: