【CCBさんからの寄稿】もっと腕を上げるために!釣り上手な人が意識している4つの基本

タグ:
2018年01月20日 (最終更新日:2018年12月13日)

どうも!

ブログ「CCB-family」の「CCB」と申します!

今回は、釣りの上達への近道について紹介したいと思います。

「おいらの独断と偏見で、考えたものです」

全てのアングラーに当てはまる訳ではないので、その辺はご了承くださいませ!

情報収集をするという事は、単に釣れている場所を探すのではありません。

釣れてる釣法、ルアーに至るまでを確認したい。

そして、時期により確認しておきたい天候、水温などの情報も集めておきましょう。

釣りに行く前の下準備みたいなものですね!

魚の生態を知る事で、対象魚に応じた最適なアプローチ方法が決まってきます。

もし見えている魚が目の前にいても、すぐにアプローチするのではなく、しばらく観察することも大切です。

生態について調べていると、思わぬ発見がありますよ!

おいらが、フカセ釣りを始めた頃に実践したことなんですが、ひとつの波止「大室港」に1年間、通い詰めました。

バス釣りも同じで、1年間近く同じ水路に通いました。

この通い詰める行動は、データを取るためです。

通い詰めることで確実に1年分のデータが取れます。

海でいうと、潮の動き、水温、風、天気など。

水路でいうなら、バスが居着く場所、風、水温、天気、季節などで、季節ごとにバスの行動がわかるようになります。

最後に、この題目はどうなのかと思いますが、これ(釣ること)が、1番早く上手くなる近道だと思います。

でも、それが知りたいから、みんな苦労しているのも現状です。

では、どうするか?

それは、釣れている人と一緒に釣りをすることだと思います。

ガイド業をされている方に、ガイドしていただくのもありです。

釣り方を教えていただくことで、ひとりで行くよりも経験値が一気に上がると思います。

多少お金はかかるかもしれませんが、たくさん釣るならまず上手くなることが大事!

教えていただくことにより、最初に紹介した1〜3のStepを一気に網羅する事ができます。

どうでしたか?

独断と偏見ですが、私が思う、釣りが上手くなる方法でした!

2018年も始まったばかりなので、今年は意識してみてはいかがでしょうか。

それでは、また~

CCB-FAMILYのHPは、こちら

関連商品

この記事を書いた人

CCB

CCB

岡山県の自称"釣りバカおじさん"。バスからフカセまで、幅広い釣りに精通。トーナメントにも参加する本格派アングラー。
タグ: