【hatakeさんからの寄稿】漁港の明暗部は好スポット!アイナメの狙い方と防寒対策について紹介

タグ: / /
2018年01月16日 (最終更新日:2018年12月13日)

皆さま、明けましておめでとうございます!

インスタグラム「hatake_fishing」のhatakeです。

2018年も楽しく自分なりの釣果を報告していけたらと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします(^_^)

夜のロックフィッシュゲーム

さてさて、年が明けてすぐにでも釣りに出かけたかったのですが、なかなか行けず。

ようやく時間を作れて釣りに行けたのが、1月5日の22時からでした。

今年初めての釣りという事もあり、いつも以上に大物に出会いたいという期待が膨らみます。

気温は-3~0℃。

風はほとんどなく、万端過ぎる防寒装備では少し暑く感じるほど暖かい夜でした。

ポイントは、もっとも足を運ぶ回数が多い苫小牧市内の大型漁港。

大型船が停泊しており、その灯りで海面が照されている箇所が見られます。

開始時は、潮位が低く潮の流れも止まっているためか、とっても活性が低い状態でした。

バイトが確認できるまで、歩いてポイントを移動しながらアイナメが隠れていそうなポイントを狙い続けて行きます。

ファーストフィッシュゲット?

そして開始から30分ほど経過した時でした。

根掛かりかな?

と思わせる重い感触のバイト

ただ重たいだけで、まったく引きません。

「この感覚は以前にも体験した事があるなぁ」と思いつつ、引き上げてみます。

「カランカランカラーン」

やけに乾いた音。

現れたのは、やはりホタテでした(笑)

なかなか立派で美味しそう☆ (笑)

しかし本命ではないため即リリースします。資源は無駄にできません。

いや、今年のファーストフィッシュがホタテだという事を認めたくなかっただけかもしれません(笑)

怪しいポイントを発見

気を取り直して、再び堤防のキワを攻めていきます。

それにしても活性が低い。

そうしているうちに、あるポイントに行きつきました

大型船と大型船の間で、約20メートルくらいでしょうか。

船同士の間にスペースがあり、船が照らす灯りと陰が混在するポイントになっています。

「怪しいなぁ」

と、野生の勘が働き、しつこくそのポイントを攻め続けてみました。

ボトムを、チョンチョン、ポーズ。

チョンチョンチョン、ポーズ…と、繰り返していると…

「ガシッ」

と、根掛かりを思わせる感触。

しかし、さっきまで何度も攻め続けている場所なので、急に根掛かりするような場所が現れる訳がありません。

「アイナメだっ!」

反射的に思いきりフッキングを決めました!

ロッドが大きく曲がり、ドラグ音が鳴ります。

「でかい!」

簡単にはリールを巻かせてくれません。そして、なかなか姿も見えません。

この緊張の瞬間がたまらない(笑)

少しずつ、円を描きながら魚体が水面に現れてきます。

この時すでに顔はニヤニヤしていたでしょう。(笑)

バシャバシャバシャと、かなり水面で暴れます。

やめてぇ~!暴れないでぇ~!絶対に釣り上げたい!

ここで集中力を高めて、

一気に、

「引っこ抜きぃ~!(笑)」

決まりました。

アイナメのゴーマル(50cm)。

ゴツくて格好いい魚体。たまりません。

良い結果に終わった釣り始めでした。

しかし冬のアイナメ繁殖シーズンが終わるまでは、婚姻色をまとった金色のアイナメを釣り上げるまでは満足できません(^_^)

引き続き、アイナメ狙いで行こうと思います!

氷点下でも快適に釣りをするために

最後に、自分が行っている防寒対策のひとつを紹介させていただこうと思います。

手の寒さ対策は、北日本の釣りでは欠かせません。

かといって、何枚も重ねてグローブを装着すると細かな動きはできないですし、素手だと冷たい風にさらされてしまいます。

冷たいロッドを握っていると、どんどん感覚が鈍り動かなくなることもしばしばです。

ルアーチェンジや、ライントラブルからの復旧時にも、一気に手は冷えていきます。

なので自分は防寒用フィッシンググローブの下に、「メカグローブ」と呼ばれる薄手のゴム手袋を着用しています。

着用したまま細かな作業も可能ですし、芯まで冷える事は回避できますよ(^_^)

ぜひ試してみてください。

それでは今回も最後まで見ていただき、ありがとうございました(^_^)

インスタグラムの「hatake_fishing」も、よろしくお願いいたします(о´∀`о)

釣行データ

釣行日

2018年1月5日

釣行場所

北海道 苫小牧市の大型漁港

天気・潮汐

曇り・小潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ ダイワ「バスX 632MLS」

リール/ ダイワ「レブロス 2500」

この記事を書いた人

hatake

hatake

北海道のイクメンアングラー。アイナメを中心としたロックフィッシュゲームが得意。将来の夢は娘と2人で釣りをすること。
タグ: