【Takeさんからの寄稿】憧れのオヒョウを追い求めて!魚影濃厚なオホーツク海で奮闘した2日間

タグ: /
2018年01月09日 (最終更新日:2018年12月13日)

あけましておめでとうございます!

ブログ「北海道の魚を狙うTakeの釣り日記」 の「Take」です!

今回は、夢のひとつであったオヒョウ釣りの釣行記を紹介させていただきます。

釣行日は少し時間を遡ること2年前。

いざ夢のオヒョウ釣りへ!

  • 釣行日:2016年6月25〜26日

この日は待ちに待ったオヒョウ狙い

実は2015年から行きたいとは思っていたのですが、都合が合わず…

この日になってようやく釣行できたのでした。

これから2日間かけて、オヒョウを狙います。

出船前から落ち着かない

6月に入って釣行日が近づくと、オヒョウのことが頭から離れない日々が続いていました。

そして迎えた当日。

夕方に家を出発し、市場で氷を40kg購入します。

時間は十分にあるので高速道路を使わずゆっくり向かいました。

こうして午前1時頃に出船場所である「能取新港」に到着。

楽しみで落ち着けず、寝付けないまま朝を迎えました。

4時過ぎに道具を下ろし、準備を済ませたところで出航です!

1日目の状況

  • 2016年6月25日
  • 天気:雨
  • 潮汐:中潮
  • 釣行時間:5時から14時

今回お世話になったのは「泰洋丸」の湯川船長です。

気温も低く、雨も降って肌寒い。

1時間程走り、ポイントへ到着したところでスタートしました。

水深は約70m。

開始早々にアタリがあり、上げてみるとアオゾイ(クロメヌケ)でした!

人生初のアオゾイです。幸先がよいですね^^

それからすぐにカジカがヒット!ピンク色ですが、何カジカでしょうか…?

リリースして再び根魚を狙っていたところ、船長からブリの反応があるとの事。

このときまだ根魚を狙っていましたが、底から3メートルくらいでアタリがあったので反射的にアワセを入れました。

そして手に覚えのある走りが伝わってくる(汗)

これを釣り上げるとやはりブリでした!

オホーツク海でのブリは初めてです。

それからは高級魚達が連続ヒット。

オホーツク海のホッケは他の所で捕れたホッケより美味しそうですね(^^)

良い値段がするようです。

小型のタラは数えきれないほど釣れました。

タラよりも数が釣れたのはカジカです。

カレイの外道でお馴染みのギスカジカから大型のカジカまでたくさん釣れました。

色々と釣っているうちにあっという間時間が過ぎていきました。

そして昼前になったところで雨が降り出し、ずぶ濡れになります。

時間帯は午前10時半頃でしょうか。私のふたつ隣の方が大物を掛けている様子。

なんだろうと見ていたら、なんと上がってきたのはオヒョウでした!

体長は91cmで重さは8.75kgとの事です。

初めてオヒョウを見ました。「いいなぁ…」

ジグは300gから400gを使うといいそう。

底の方でヒットしたそうです。

自分にも来ないかな、とその人の真似をしつつ狙いましたが、そうそううまくいきません。

終盤でアオゾイとヤナギノマイを追加し、午後1時に1日目は納竿となりました。

ずぶ濡れなので網走湖荘の温泉で暖まった後は「能取漁港」で車中泊しました。

2日目に備えます。

明日こそはオヒョウを!

「次ページ:高級魚が次々に釣れる!しかし本命が遠い…」

タグ: