テーマ別

トップページ>シーバス>【Aji-canさんからの寄稿】捕食のタイミングを見極めろ!荒れる海でハタハタパターンのシーバスを攻略

【Aji-canさんからの寄稿】捕食のタイミングを見極めろ!荒れる海でハタハタパターンのシーバスを攻略

タグ: / /

アクセス 2018年01月05日

あけましておめでとうございます。

ブログ「秋田シーバス」のAji-canです。

前回の記事では、大荒れの中で釣ったハタハタについてご紹介しました。

この魚は食べてもおいしく、フィッシュイーターも大好物な魚。

シーバスや青物は大好きで、これを狙って食べに接岸することも多いです。

実際に、ハタハタ釣りをしていると足元でシーバスが回遊している姿をよく見かけます。

ハタハタパターンのシーバス

しかし、そこにルアーを投げても、まぁ食わない!

ベイトの密度が濃すぎてルアーには全く反応しないようです。

それでも、ベイトの密度が薄くなったときに成立するパターンがあります。

それが「ハタハタパターン」なのです。

前回のハタハタ釣行でベイトの量は把握済み。

あとはタイミングをどう合わせるかになってきます。

ベイトの密度が薄まるタイミングとは?

冬の日本海側はとにかく荒れます。

荒れすぎて岸際から魚も離れるほどですが、ちょうど荒れが収まったタイミングを狙ってポイントへ向かいました。

到着。海面に目をやると…

うねりが酷く近づけない。

しばらくして立てる場所を探し、沖のブレイクを丁寧に探っていきました。

ヌン…

ん?

ベイトのハタハタはちゃんといる様子。

しかし30分程でベイトの反応が消え、お手上げ状態になったので、早めに休憩を取ることにしました。

翌日に状況が一変

翌朝も状況に変化無し…。

「また今度にしようかな~どうしようかな?」といつまでも悩んでいたら、気づくとタマズメ。

「やるか~~…」

諦め半分で準備して立ち位置に入ります。

昨夜に比べて波は落ち着き始めていました。

そして、フルキャストしてルアーを流していると…

ググッ

よしよし。

シンペンを流しながら、ベイトがいるであろうレンジをイメージします。

徐々に暗くなるにつれ、ベイトのいる位置が少しずつい上の方へ集中してきました。

ここでフローティングのルアーに変え、着水したら大きくロッドを煽り、レンジを入れて流す誘いに…

ゴンッ!

よし!!

一気にリフトしてゴリ巻きて寄せます。

足元に来てから引き波に乗って横に走る!

「ダメだって!こっち!」

グイッと寄せて足元に寄せランディングの成功。

可愛いサイズのシーバス。

サイズの割に大きなお腹が目立ちます。

あちこち走り回って、粘って釣ることができた。

サイズに関係なく満足です。

でもできればもっと大き…

ダメダメ!欲張るとろくな事がない笑

これで満足なんだと言い聞かせて帰路に着きました。

Aji-canさんのブログはこちら

今回のタックルセッティング

ロッド/ アピア「風神グランドスウェル 104MH」

リール/ シマノ「ツインパワーXD 4000XG」

投稿ナビゲーション

タグ: / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • メジャークラフト